読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンタの想い出

俺に明日はあるのか?

誇りとはなんだ


誇りとはなんだ



明らかに屈辱的と、誰もがわかる仕打ちが、長い歳月の間に常識化し、屈辱を受けている側にとって、それが「正しい作法」になってしまうということがあります。
これはある意味、おそろしいと感じます。

たとえば朝鮮に「三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)」と呼ばれる礼法があります。
これは、李氏朝鮮時代から続く半島における伝統的礼法で、地上における最高の礼とされるものです。

少し前に「謝罪の王様」という映画が作られ、なんでもかんでも土下座すれば許してもらえる、その土下座も、額から血が出るほど頭を地面に打ち付けるとなんでも許してもらえるから、謝罪は代理の人が行っても構わないという、明らかに誤った常識をまるで日本人に刷り込もうとでもするようなおかしな映画がありました。
この映画、映画そのものは楽しかったし、俳優さんたちも上手に演技していたけれど、考え方は、明らかに半島マインドであって、日本人の発想ではありません。



皇居に一礼する小野田寛郎
最近、こんな綺麗な一礼を街で見ますか?


「三跪九叩頭」というのは、その「謝罪の王様」の土下座と額打ち付け行為を、まさに本物の王様である歴代李氏朝鮮王が行っていたものです。
李氏朝鮮は、高麗の将軍が自分のところの王を裏切って、支那の明国側に寝返って築いた王朝なのですが、このため李氏朝鮮は、李氏が王であることは認められましたが、その代わり明国からの毎年の定例使者がやってきたときには、まさにこの「三跪九叩頭」を強制されたのです。

どういう作法かというと、まず、
 「跪(き)!」という号令で、ひざまずき、
 「一叩(いっこう)、二叩(にこう)、三叩(さんこう)」という号令に従って、
 両手を地面について頭を地面に三度打ち付け、
 その動作を三度繰り返します。
つまり、都合9回、朝鮮王が、支那からの使者の前で、膝をついて頭を地面に9回打ち付けます。

客観的にみれば、誰がどう見てもたいへんに侮辱的な作法です。
支那は、これを朝鮮王に強制したし、朝鮮王は、そこまで屈辱的な礼を恒例化してまで、支那に媚を売り続けたわけです。この礼法は、支那の王朝が明から清に代わっても引き継がれ、なんと、李氏朝鮮では500年に渡って、毎年、この屈辱的な「三跪九叩頭」が支那からの使いの前で繰り返されたのです。

なぜ支那の王朝が、半島の王に対してここまでの仕打ちをしたのかといえば、半島に「上下でしか関係を理解することができない」という伝統的思考があるからです。
対等とか思われたら、その瞬間に増長して、自分の方が上だと態度が急変する。
ですからそのような人たちを相手にするには、常に、「どっちが上なのか」を、誰の眼にも明らかなように見せつける必要があったのです。
言い換えれば、支那は半島と陸続きであるだけに、半島人のあしらい方をよく知っていた、ということです。

北朝鮮情勢が緊迫する中、韓国では明らかに親北の政権が誕生しましたが、対等なパートナーシップを前提とする日米と、共同して北を抑え込まなければならないという次期に、なぜ韓国では、真逆の選択が行われたのかといえば、まさに、彼らには、目先の脅威を「上の人」と考え、土下座外交をすれば命を長らえることができるという、これまた伝統的思考に基づく、いかにも半島流の結果です。



しまじろうは、人形を貰ったらすぐ辞めよう
資金源は何処だ?


このことは、戦前の日本の朝鮮統治と、戦後の米国による大韓政策に共通する根本的な統治姿勢の間違いです。
彼らについて、「同じ人間であり、対等な隣人」という姿勢を持った瞬間、彼らは混乱し当惑し、そして自分たちが上位だと増長を始めるのです。
上下でしかものごとを把握することができないというのは、そういうことです。

個人レベルでは、そうでない人もたくさんいますが、国家という集合体になると、最小公倍数的なできうる最良の答えが生まれることはまずありません。
それができるのは、天皇というシラス存在が民衆を大御宝としているという、特殊なケースが有る場合だけで、それ以外の国においては、最大公約数的な、集団の意思としてはもっとも低次元でレベルの低い行動しかできなくなるのです。

このような屈辱を与える支那の使者に対し、李氏朝鮮王は、これを「三跪九叩頭」で迎えるだけでなく、夜には半島内で調達された美女を接待役に寝所に献上し、また帰りには「大皇帝様へ」と称して半島美女を性奴隷として献上していました。
「大皇帝様」という言い方は、いまでも「大先生様」という韓流独自の言い方として残っています。

もっともその韓国系美女を受け入れた側の明、清の側の記録には、こうして献上された朝鮮美女が、明国や清国皇帝の皇太子を産んだという記録がみあたりません。

日本では、天皇の地位に就ける人は、男性天皇の直系の血筋にある皇族に限られました。
これは天皇が、天照大御神以降の直系のお血筋というところに、天皇としての権威が備わると考えられていたためで、ですから出来る限り天照大御神の実子の天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、その子であり天孫降臨された迩々芸命(ににぎのみこと)から続く直系の血筋をできるだけ濃く保とうとする意図があったからです。

ところがそうした神話の時代から続く血統が途絶えてしまっている支那においては、皇帝の子でありさえすれば、どんな出自の女性から生まれた子であっても、皇位を継ぐことができました。
ですから、毎年支那の王朝の後宮に、お付きを含めて3000人もの半島最高の美女が献上されていれば、歴代続く支那皇帝の中には、前皇帝と朝鮮系の母との間に生まれた子が皇位を継ぐことがあってもよさそうに思えるのですが、残念ながら、その事実は確認できません。

要するに、献上された半島美女たちは、そんな支那においてさえ、皇帝の子を宿す機会があまりなかったわけで、しかも献上された美女達のその後の運命についての記録がみられないところをみると、その献上された韓国美女たちが、支那でどういう扱いを受け、容姿が衰えてきた後にどういう処遇となったかは、悲しい現実として想像するにあまりあります。



三島由紀夫はこんな国になる事を
憂いていたのか?


李氏朝鮮の時代というのは、半島に主だった産業がありません。
普通なら、国家から国家への贈り物というのは、学問や産業によって生産された、めずらしい物品や、文化的創造物です。
ところがただ貧しいだけの朝鮮半島では、女性くらいしか支那皇帝への献上物がなかったし、その朝鮮にやってくる支那皇帝の使いに対しては、朝鮮王みずからが「三跪九叩頭」という卑屈な礼を取るしかなかったというのが、現実の姿です。

このような作法を求める方も求める方だと思いますが、伝統的に支那の王朝は、朝鮮族に対しては、常にどちらがはるかに「上」の存在なのかを、こうして毎年の行事にまでしてわらせないことには、少しでも油断すれば、すぐに彼らが増長することを、何度も痛いほど経験していたのであろうということが、わかります。

ところが、そのような統治が500年も続くと、このような屈辱的な仕打ちが、作法として常識化して定着します。
長い歳月のうちに、誰が見ても卑屈な「三跪九叩頭の礼」が、なんの抵抗もない、むしろその国の伝統的礼法になってしまうのです。
ある意味、これはたいへん恐ろしいことです。



朝鮮全権大使一行の米国アーサー大統領公式訪問

(News Paper 1883/9/29)



ところが現実に李氏朝鮮は、米国大統領の前でも、まさにこの「三跪九叩頭の礼」を、なんのためらいもなく行っています。
それが冒頭の絵です。

これは明治16(1883)年9月のことで、この年、李氏朝鮮王は米国に全権大使を派遣しました。
そしてその全権大使が、まさに米国アーサー大統領公式訪問の際に、この「三跪九叩頭の礼」をとったのです。
これは、当時の米国人にとっても、驚くべき惨めな姿であったようで、その様子が新聞でも報道されています。

要するに、確固たる正しい価値観が教育によって育成されていなければ、人間は、いかなる劣った習慣であっても、それを作法として受け入れてしまうことがある、ということです。

しかも半島の場合、こうして熟成されたおかしな「作法」が、彼らにとっては「文化」となります。
そして「屈辱」が、いつの間にか「作法」になり、誇らしい「礼法」になるのです。
屈辱を強制されてきたという彼らにとって、屈辱を「そうではなかった(屈辱的ではなかった)」とするためには、そのようにするかなかったのです。

彼らが歴史認識において、明らかに間違った歴史認識を、他国へも強要しようとする理由のひとつがここにあります。
対等な国家となったと思った瞬間、自分たちが上と考える彼らは、屈辱的な過去さえも、誇るべき過去にしなければならず、そうなると歴史認識は、常に現代の目で観た「都合」が、「事実」に優先します。



伝説の英霊、舩坂弘氏


おかしな文化があったものですが、けれど、それが隣国なのです。
そしてその隣国に、親北政権が出来たのです。
その北にとっては、親は支那です。
ということは、支那からみれば、韓国に親北政権が出来たということは、彼らは、半島と、その周辺海域まで、自国の影響下に置いたということになります。
すると彼ら(中共)は、その影響を、固定化させるために、そのエリアへの軍事的支配と政治的介入に本腰を入れ始めます。

このままでいけば、中共艦船は、尖閣を通り越して、おそらく竹島海域にまで進出してくることになるであろうと思われます。
日本は、まったくろくでもない国を、ご近所にもったものです。


お読みいただき、ありがとうございました。



小さな子どもは、これが当たり前と思うだろう
誰が躾けるのか?



ねずさんより
画像は追加しています



街を歩けば
行く店、行く店
ほとんどコンス
若者から
オバハン
ええ年した親父まで

「ご注文、以上で宜しかったでしょうか。」

これは一体何語だ?

思い出して欲しい
あなたの親は
こんな礼節、言葉を
使っていたのか?

みんな気が付いてるはず

そう分かっているのに
やめない、直さない

恥、誇りを忘れたのか?

俺たちは何人だ?














サリバン先生


サリバン先生


あまりにも有名だが、初めて教えた言葉は
「doll」であると言われている



「サリバン先生」アン・サリバンが、3重苦を持ったヘレン・ケラーの家庭教師である事は皆様ご存知だと思います。しかし、アン・サリバン自身が苦境の人生を克服し、ヘレン・ケラーと出会い、世界中の人々を励ます人物を生み出した方である事は、あまり知られていません。今日は、サリバン先生の生涯を紹介させて頂きます。


アンは1866年4月14日 マサチューセッツ州フィーディング・ヒルで、アイルランド移民の両親の元に生まれました。3歳の時、目の病気トラコーマになり弱視となりました。家族とともに九歳まで生まれ故郷でで暮らしましたが、アンの父トーマスは、農民で自分の土地を持っていない農業労働者だった為、仕事もあまりなく、家族を養うことを放棄していました。アンが9歳の時に母が亡くなり、、父トーマスは娘アンと弟ジミーを、チュークスバリーのマサチューセッツ州立救貧院[孤児院]に預けて姿を消します。こうして、サリバンの家族は離散してしまいます。



救貧院に入った時、弟はすでに結核により身体が不自由になっていました。救貧院に入って2年後の春、弟ジミーが亡くなりました。父トーマスは、弟が亡くなった後、救貧院を一度だけたずましたが、その後の父トーマスの行方は分かっていません。アンも父を探すことをしなかったようです。


母と弟の死、そして父の失踪と、幼いアンに耐え難い悲しみが次々と襲いました。またアンの目の病気も救貧院に入った後に悪化し、盲目となっていました。弟の死後、アンは生きる力を失い、うつ病になり、食事を全くとらずに、暗闇の中にとどまるようになりました。外界との接触を避け、死を待つような生活を続けていましたが、救貧院の一人の看護婦が毎日、アンを訪ねていたのです。看護婦はアンに聖書の話を聞かせました。最初は全く心を閉ざしていたアンでしたが、看護婦の献身的な愛を受け、次第に心が開かれていくようになり、アンにも信仰が与えられたのです。



アンが十四歳の時でした。州慈善委員会が救貧院を視察したとき、アンは「勉強をしたい!」と、視察団にお願いをしました。その願いが聞かれ、 パーキンス盲学校へ進学する道が開かれました。パーキンス盲学校は、歴史もあり、近代的な設備を持つ盲学校で、当時最も優れていたといってもよい学校でした。しかし、出自に負い目のあるアンは、家庭や救貧院での暗い過去を、周囲の人に隠し通しました。アンは、生涯、自分の子供時代、少女時代のことについて、多くを語ってはいないのです。


入学後、アンは、不自由だった目を手術してもらって、なんとか文字が読めるほどに視力が回復しました。政治記事を読んだり、裁判を傍聴したりと、アンの生活はどんどんと広がっていったのです。また、在学中に視覚、聴覚障害を克服したローラ・ブリッジマンと出会い、友達になりました。ローラとの親交と自身の盲目の経験が、後のヘレン・ケラーの教育に生かされたと言われています。アンとローラは指文字で交流していました。入学当時のアンは、その生い立ちにある心の傷から、人を信頼し、心を開く事が難しかったのですが、ローラとの親交や、アンを受け入れ愛を注いでくれた先生達の愛を通して、積極的な態度で勉強に打ち込み、体面を取り繕うのではなく、誠実な付き合いを望むように変えられていきました。



入学から6年後の1886年、アンは卒業生総代としてスピーチを行いました。また、卒業と同時に、聴覚障害児の教育を研究していたアレクサンダー・グレアム・ベル(電話の発明者として知られる)の仲介でアンの卒業した盲学校のアナグノス校長が、総代で卒業したアンに、アラバマ州タスカンビアに住んでいたケラー家で「ガバネス」として住み込みで働かないかと誘います。ガバネスとは、家事を担ったり、子供の教育をしたりする 家政婦のことで、教員資格がないばかりか高校も卒業していないアンでしたが、家政婦であれば彼女でもできる仕事だと考えたのでしょう。しかし、ケラー家は、大農園を持ち、黒人の使用人も抱えていましたから、家政婦がほしかったわけではなく、必要だったのは、ヘレンの教育係りでした。


アンはこの話を受けました。3月3日、アンがアラバマ州タスカンビアのケラー家に着任した時、彼女は22歳でした。アンは、それまで主に、孤児院と救貧院で過ごしていたために、就職した経験はなく、教師になるための資格も持ってはいませんでした。しかしアンは着任当初から「この仕事に心をこめて献身しよう」と、彼女は自分が心を開いた経験から、信仰と愛をもってヘレンを育てようと心に決めていたのです。



アンがヘレンに会ってから十七日後、知人に宛てた手紙で「ヘレンに奇跡が起こりました。小さな生徒の心に、知性の光が差し込みました」と書きましたが、これは、「怪物」(ファントム)と呼ばれていた野生児ヘレン・ケラーが、アンにキスすることを許してくれた日でした。


こうして、信頼して心を開いて、従うようになったヘレン・ケラーは、アンと出会って約1ヶ月後に井戸の水の流れからインスピレーションを得て、ものには名前があることを理解します。その時の事をアンはこう綴っています。


「ある新しい明るい表情が顔に浮かびました。彼女は何度も「water」と綴りました。それから、地面にしゃがみこみその名前をたずね、ポンプやぶどう棚を指さし、そして突然ふり返って私の名前をたずねたのです。私は「Teacher」と綴りました。」


アンは自分のことを「アン」でもなく、「サリバン」でもなく、「先生」と答えました。後にヘレンは「私の誕生日は1880年6月27日ではなくて、私の生活の中にアン・サリバンが入ってきた1887年3月3日です。」
と語っているほどです。ヘレン・ケラーが先生と呼んだのは、生涯でアン・サリバン一人だけでした。


サリバン先生はこの後、約50年ヘレン・ケラーと共に歩みました。三重苦を克服し、ラドクリフ大学(ハーバード大学の女子学部)へ入学をし、その後、世界に名を残す人物となったヘレン・ケラーの生涯は、「サリバン先生」の愛、忍耐、希望によって導かれ、開かれていったと言っても過言ではありません。


最後にサリバン先生が残した言葉をご紹介します。


「失敗したら初めからやり直せばいいの。そのたびはあなたは強くなれるのだから」




「私の魂の誕生日」
ヘレン・ケラーとアニー・サリバン




3月3日はひな祭りですが、この日は障害児の教育に関する記念すべき日でもあります。盲ろうの少女ヘレン・ケラーのもとに、家庭教師のアニー・サリバンが初めて訪れたのです。1887年のこと。ヘレンは後にこの日を「私の魂の誕生日」と呼んでいます。
サリバンはこのときはまだ20歳。視覚に障害があったために通っていた、マサチューセッツ州ボストン郊外のパーキンス盲学校を首席で卒業した優秀な学生でしたが、教師経験はありませんでした。一方、アラバマ州タスカンビアで生まれたヘレンは6歳9か月。1歳7か月のときに視覚と聴覚を失い、周囲の人に意思を伝えるのには、身振りや仕草に頼るしかない子どもでした。

ヘレンが、手のひらを流れる物質としての“水”と、言葉としての“ウォーター”との関係を確実に把握し、この世の中のすべてのものに名前があることに気がつく、いわゆる「井戸端の奇跡」はこの出会いからわずか1か月後のことです。


この1か月という短期間で困難をきわめる盲ろうの少女の教育を可能にした陰に、あまり知られていないもうひとりの人物がいます。ヘレン・ケラーの半世紀前に“奇跡の人”と呼ばれていた、「ローラ・ブリッジマン」という女性です。ローラは2歳の時に視覚と聴覚を失いました。そして、ヘレンと同じように教育を受けずに成長し、7歳10か月のときにパーキンス盲学校に入学します。ローラはそこで、盲学校の創設者のサミュエル・ハウという医師から最初は点字、後にはアルファベットを表す指文字を習い、言葉を身につけることに成功していたのです。



サリバンがパーキンス盲学校で教育を受けていた同じ時期に、たまたまローラは盲学校で暮らしていました。年齢は50代の後半で、盲学校の生徒に裁縫などを教えていました。サリバンはヘレンの家庭教師の話が舞い込む以前から、ローラと交流があり、指文字で会話を行っていました。サリバンは生きた技能として指文字を使っていたのです。と同時に、幼児期に視覚と聴覚を失った人間でも、指文字の習得によって、書物を読みこなすほどの知性を身につけることができるという事実も目の当たりにしていました。


サリバンがローラに出会っていなかったら、果たして視覚も聴覚も失っていたヘレンに対して何の偏見ももたずに接することができたでしょうか。さらに教育によって確実に成果を上げることができるという確信をもてたでしょうか。その意味で、ローラ・ブリッジマンは、「井戸端の奇跡」の陰の立役者と言えると思います。
サリバンはヘレンと初めて出会った3月3日、お土産の人形を手にするヘレンの手をいきなり取って、自分の手を握らせ“DOLL”と指文字を綴ります。すると、ヘレンは手遊びだと勘違いして、そのまま指の形を真似て“DOLL”と応じます。ふたりの49年間におよぶ魂の交流はその瞬間に始まりました。そして、このふたりの出会いによって、人類は障害のある子どもに教育を施すことの重要性を末永く記憶にとどめることになるのです。


アン・サリバンは70歳で生涯を終えるまで、ヘレン・ケラーと離れる事は無かった。サリバン存命中に、大阪盲人協会長の岩橋武夫氏に来日要請を受けるも、固辞し、サリバンが亡くなった後、3度来日している。

アン・サリバン資料
「私の魂の誕生日」記事より
画像、リンクは追加しています



アン・サリバンwikiリンク


ヘレン・ケラーwikiリンク


岩橋武夫wikiリンク



人生は出会いによって
大きく流れが変わると思います。
足を踏み外した俺にも
まだチャンスはあるのか?










小野田寛郎


小野田寛郎



小野田寛郎(おのだひろお)さんは、30年間、大東亜戦争を戦い続けました。
小野田さんは、大正11(1922)年、和歌山県海南市で生まれました。
兄弟みな軍人という家柄です。
中学時代の小野田さんは、県下有数の剣道選手だったそうです。
卒業して、貿易会社に就職する。
そして支那に渡って、中国語を習得しています。

軍人としての招集は、大東亜戦争開戦後の昭和17(1942)年のことでした。
上海で現地招集されました。
配属は、和歌山歩兵第61連隊でした。

入隊後、小野田さんは猛勉強して、陸軍甲種幹部候補生を受験しました。
そして見事、陸軍予備士官学校に入学しました。
卒業後、推薦を受けて陸軍中野学校に入学しました。
中国語や英語に堪能だったためでした。



陸軍中野学校といえば、陸軍のスパイ養成学校として知られています。
そのように聞くと、なにやら特殊な殺人訓練やおそろしい諜報活動をする怖いところというイメージを戦後生まれの私達は持たされています。それは戦後の洗脳(妄想)です。

陸軍中野学校は、実は、そこが軍とは思えないほどリベラルな学校でした。
そもそも学生たちは軍服を着ません。平服です。
髪も、軍人らしい坊主ではなく、長髪でした。
ですから、立派な軍人にしようと息子を中野学校に入ったら、その息子が「平服で髪も長い。たるんでるんじゃないか」と親が怒ったという話も残っています。

学生たちのカリキュラムは、午前中は諜報関連の講義、午後は自習でした。
八紘一宇大東亜共栄圏といった理念に関する教育は一切なく、日米の戦力比較や、陛下の地位等に関しても、驚くほど自由な議論が交わされたそうです。
同校の出身者の弁を借りれば、「戦時中、最も自由な校風であった」そうです。

その中野学校が、学生たちに徹底して叩きこんだことはただ一つでした。
それは、
「相手のために誠意を尽くすこと」
です。

相手というのは、潜入した相手国の人々です。
中野学校の生徒は、名誉も求めず、地位も求めない。
もちろん諜報のプロとして、潜入した相手国の状況をつぶさに観察し、報告しますが、そのためにも、相手国の人々に誠意の限りを尽くす。
中野学校が、厳しく教えたのは、諜報や防諜任務について、自国の勝利のためには何をやっても良いなどという考え方と行動そのものの全否定でした。



見習士官(陸軍曹長)当時の小野田氏(右)弟の滋郎氏(陸軍少尉)
昭和19年(1944年)12月頃撮影(22歳)


諜報活動は、あくまで相手国のために、相手国の実情を正確に把握するための手段でしかない。
それ以上に、中野学校の出身者は、「相手国の人々のために」全身全霊を込めて誠意を尽くせと教えられたそうです。
このあたり、自国を勝利に導くためなら、何をやってもよいと教えるどこかの国の工作員養成機関などと、まるで違うところといえます。

それだけに、アジア諸国に派遣された中野学校の出身者たちは、当時、本気でアジア諸国の独立を願ったため、あくまで「勝利」にこだわる軍首脳と、真正面から対立することもしばしばで、そうした記録は、戦前戦時中に枚挙にいとまがないほどです。



小野田さんが卒業したのは、東京中野にある中野学校本校ではなく、二俣分校の方でした。
いまは静岡県浜松市保健所天竜支所となっています。
二俣分校も教えるところはまったく同じです。

ただ、本校との違いは、諜報論だけでなく、やや特殊なゲリラ戦やジャングルでのサバイバル法などの訓練が施された点でした。
このことが後年、小野田さんのサイバル生活生存のファクターになっています。

小野田さんのサバイバル生活を振り返ってたいせつなことは、彼は部下とともにジャングルに30年潜み、その間、数百回に及ぶ戦闘を行っているけれど、食料調達のために現地の村を襲ったり、女子供に怪我を負わせるようなことが「一切なかった」ことです。

小野田さんは、最初三人の仲間とともに、ジャングルに潜みました。
フィリピン警察や米軍との撃ち合いになったこともありました。
この銃撃によって、小野田さんの部下はお亡くなりになっています。
それだけ激しい銃撃戦があっても、小野田さんは武器を持たない地元民や婦女子に一度も怪我をさせていないのです。
このことは、小野田さんたち一行を語るときに、絶対に外せない一点です。



中野学校を卒業して、フィリピン戦線に情報将校として赴任した小野田さんは、昭和19(1944)年12月、遊撃戦指揮の任を与えられ、ルバング島に向かいました。
ルバング島というのは、フィリピンの首都マニラの湾の出入口にある島です。
島からは、マニラ湾が一望でき、湾内の軍事艦船や、航空機配備の状況が一目で分かります。

赴任に際して小野田さんは、上官である横山静雄中将から、「玉砕は一切まかりならん」と厳命されたそうです。
このときの横山中将の言葉です。

「3年でも、5年でも頑張れ。必ず迎えに行く。
 それまで兵隊がひとりでも残っている間は
 ヤシの実を齧ってでもその兵隊を使って頑張ってくれ。
 重ねて言うが
 玉砕は絶対に許さん。
 わかったな。」

そして言葉どおりに小野田さんが忠実に使命をまっとうしたのは、みなさまご存知のとおりです。
さらに、出発に先立って、小野田さんが参謀部受けた説明です。

「盟邦ドイツの降伏は時間の問題である。
 戦況はわが軍にますます不利な情勢にある。
 すでにサイパンが陥落し、
 海軍はレイテ沖海戦で壊滅的打撃を被った。
 米軍は今後まず沖縄に上陸を敢行するであろう。
 その後は、九州、大隅半島に上陸し、浜松を拠点化。
 九十九里浜上陸を目指すであろう。
 従って本土決戦は必至である。
 最悪の場合、米軍による日本本土占領もありうる。
 その場合、日本政府は満州に転進し、
 関東軍を中心に徹底抗戦を図る。
 大陸には陸軍80万人の兵力が温存されている。
 反撃攻勢の時期は3年ないし5年後と推定される。
 それまで、敵情をよく視察し、我が軍の再来に備えよ。」

何日か前にも書きましたが、軍人というのは、どこまでも必勝を期するものです。
それが軍人の役割です。
しかし参謀の5年は10年になり、ついに30年になりました。
その間小野田さんは、日本には米軍の傀儡政権があり、旧日本は、満洲の地で捲土重来を期して戦い続けていると、ずっと信じ続けていたそうです。

ルバング島に着任した小野田さんは、守備隊に、島のジャングルに籠っての長期持久作戦を提唱しました。
小野田さんにしてみれば、長期持久が任務ですから、当然です。
そのために地元民と懇意にする方向を選択すべきと建言したわけです。

しかし守備隊は、島を守る、すなわち敵の上陸を許さないことが任務です。
だから水際で米軍を食い止める作戦を選択しました。
結果は、不幸な結果となりました。
圧倒的火力にものをいわせた米軍は、隙間ない砲弾の嵐で日本側守備隊が築いた水際防衛ラインをあっという間に粉砕してしまったのです。

やむなく守備隊はジャングルに逃げ込みました。
けれど、もともとの作戦が、水際作戦です。
ジャングルでのゲリラ戦を想定していない。
守備隊は、激しい抵抗戦を挑むけれど、全員玉砕してしまわれました。

その激しい戦闘を、小野田さんと、その直属の部下3名は、しぶとく生き残りました。
任務は、マニラ湾に展開する敵情の視察と監視です。
日本軍がふたたびもどってきたときのため、「残地諜者」としてジャングルに潜んだのです。



昭和20年8月15日、日本は終戦を迎えました。
現地の日本軍は玉砕しています。
もはや任務解除の命令を届ける者は誰もいません。

小野田さんたち4名に補給はありません。
ですから島内の野生の牛を捕獲して乾燥肉にしたり、自生する椰子の実を拾って食料にし、生き延びました。
野生の牛は良質な動物性タンパク質を、椰子の実は、彼らにこれまた良質なビタミンとミネラルを効率良く供給されたそうです。

小野田さんたち一行の携帯した武器は、九九式短小銃、三八式歩兵銃と、軍刀です。
弾薬は、島内から拾い集め、火薬には島内に遺棄された戦闘機用の機関銃弾の実包の火薬を、銃の薬きょうに移し替えて使用したそうです。

彼らは、たった4人で、幾度も米軍基地に挑みました。
日本軍が還ってくるのに、もっとも障害になる米軍のレーダー基地を粉砕もしくは機能不全にしておく必要があったからです。

彼らは戦い続けたのです。
レーダー基地を破壊し、放火し、米軍に対するかく乱攻撃をし続け、ついには米軍レーダー基地の司令官をも狙撃して重傷を負わせています。

終戦から5年経った昭和25(1950)年、部下の赤津勇一一等兵が、戦闘中にはぐれて行方不明になってしまいます。
小野田さんたちは、必死に赤津一等兵を探すけれど、負傷し、衰弱していた赤津一等兵は、もはや声を上げることすらできなかったのだそうです。

6月になって、赤津一等兵は、ジャングルの中で倒れて意識不明になっているところを、米軍に発見され、逮捕され、投降しました。
彼の投降によって、小野田さんを含む3名が、まだ現地残留日本兵としてジャングルに潜んでいることが確認されました。

しかし、当時の日本は、いまだ占領下にあります。
捜索隊を編纂できるだけの体力もありません。
そしてこれに時を合わせたかのように、同月、朝鮮戦争がぼっ発したのです。

米軍は、山狩りの捜索隊を組みました。
朝鮮戦争の勃発のために、マニラ湾にいる米軍の艦艇や、空軍基地の動きも、にわかに慌ただしくなりました。
この様子に、小野田さんたちは、これを事前に受けていた説明、すなわち「3年ないし5年後の反撃攻勢」があったものと思ったそうです。

そんなある日、海岸に機帆船の残骸が漂着しました。
そこには、日本船籍を示す「○○丸」の文字が書かれていました。
小野田さんたちは、その文字と、米軍の動きから、日本軍が還ってきたと確信します。
そして、ルバング島が再び日本軍の指揮下に戻った時のために密林に篭り、情報収集や諜報活動を続ける決意を新たにされたそうです。

小野田さんたちは、米軍レーダー基地に対する執拗な攻撃を繰り返しながら、同時に敵情の視察を日々、正確にし続けます。
しかし日本軍はなかなかやってきません。



 

そうこうするうちに、昭和29(1954)年5月7日、地元警察隊との撃ち合いが起きます。
このとき、戦友の島田庄一伍長が亡くなりました。
眉間を撃ち抜かれて即死してしまったのです。

あとに残された小野田寛郎少尉と、小塚金七上等兵の二人は、それでもなお密林の奥に潜み、来たるべき日を待ち続けます。
ある日、彼ら二人は、偶然、壊れたトランジスタラジオを手に入れました。
機械に強い小野田さんは、このラジオをなおし、改造して、短波受信機につくりかえました。
そして米軍倉庫から奪い取った金属製ワイヤーで、これにアンテナを付けました。

ラジオからは、懐かしい日本語の放送が聞こえてきました。
ひさしぶりに聞く、祖国の声です。
涙が出たそうです。

二人は、毎日、短波放送に聞き入りました。
ある日、短波放送から日本の競馬中継が聞こえてきたそうです。
小野田さんと小塚さんは、競馬中継を聞きながら、二人だけで賭けをして愉しみました。
なにもないジャングルでの生活の中で、これがお二人にとっての唯一の娯楽になりました。

入手したラジオからは、毎日のニュースが聞こえてきました。
東京オリンピックの実況中継も聞こえてきました。
ときどきやってくる日本の残留兵捜索隊が残していく日本の新聞や雑誌からは、大阪万博や皇太子成婚の様子を伝えるグラビアページなどの情報ももたらされました。

それらの情報の断片から、小野田さんたちは、日本が繁栄していると確信します。
そしてこれだけ日本が繁栄しているのだから、日本は戦争に勝ったに違いないと、判断したそうです。

しかし、そんなお二人に、運命は悲しい別れをもたらします。
昭和47(1972)年、地元警察隊との銃撃戦となったとき、小塚金七上等兵が戦死してしまうのです。

このときの小野田さんの手記があります。

「敵は激しく撃ってきた。
 応戦しながら、背後の谷へ一気に走れば離脱できる。
 いままで何度もあったことだ。
 だが、どうしたわけか、小塚は一度つかんだ銃を取り落とした。
 「肩だ!」
 小塚が叫んだ。
 振り向くと右肩から血が流れていた。
 「銃はオレが持って行く。先に走れ!」
 「胸だ!ダメだ」
 私は小塚の銃で五発、自分の銃で四発撃った。
 小塚が逃げる時間を稼ぎたかった。
 敵の銃声が途絶えた。
 いまだ!私は二丁の銃を持って後ずさった。
 退いたものと思っていた小塚がいた。
 「小塚! 小塚!」
 私は片手を伸ばして彼の足首を握り、激しく揺すった。
 反応がない。
 顔をみた。
 見る間に両眼にスーッと白い膜がかぶり、口から血が流れ出た。
 私は両手に二丁の銃を持って、一気に灌木の斜面を駆け下りた。
 激しい銃声が後を追った。
 私は最後の戦友を失った。
 小塚、51歳であった。」



この元日本兵射殺事件は、地元で大々的に報道されました。
その報は日本にももたらされました。
厚生省援護局は、職員を現地に派遣し、大規模な捜索隊を編成しました。
この捜索隊には、小野田さんのお兄さんも同行しました。
戦友たちも同行してくれました。

遺体は、間違いなく小塚金七一等兵であると確認されました。
残る日本兵は小野田元少尉一名であることも、確認されました。

捜索隊は、山狩りをしました。
この様子を、小野田さんは見ていました。
密林の中で、兄の姿も確認しました。

しかし、これはアメリカの支配下の傀儡政権に強制されての行動であるかもしれないのです。
小野田さんはジャングルに隠れました。
こうして当時のお金で1億円もの巨費を投じた大捜索隊は、失敗に終わりました。

ここで登場するのが、元ヒッピーで冒険家の鈴木紀夫(すずきのりお)さんです。
彼は、昭和49(1974)年、単身でルバング島に向かいました。
このとき鈴木さん、25歳です。
「パンダ・小野田さん・雪男に会うのが夢」だという方です。

鈴木さんは思います。
「鐘や太鼓をたたいた大騒ぎで捜索するから小野田さんは、まずまず懐疑的になっているのだ。オレだったら、小野田さんの占領地に一人で入って行って、野営する。そうすれば、縄張りを荒らすやつは誰だ、と小野田さんの方から姿を現すのではないか」

彼の読みはピタリと当たりました。
鈴木さんが野営しているテントに、銃を持った小野田さんが現われたのです。
ほんとうは小野田さんは、身長は160cmと小柄なのですが、鈴木さんはこのとき「大男が現れた」と震えあがったそうです。
恐怖に怯えた鈴木さんの目には、小柄な小野田さんが、大巨人のように見えたのです。

一方、ジャングルに精通している小野田さんは冷静です。
鈴木さんの様子を、頭のてっぺんからつま先までよく検分しました。

後に小野田さんは語っています。
「もし、奴(鈴木さん)があの時、靴下にサンダルという妙な格好していなかったら、撃ち殺していただろう。なぜなら、フィリピンでは、靴下をはく階級はサンダルを履かない。必ず靴を履く。」

小塚さんを失って二年が経っていました。
人恋しさもあったかもしれません。
小野田さんは、その奇妙な格好をした青年に声をかけ、夜を徹して語り合いました。
気がつくと朝になっていたそうです。
鈴木さんは、
「小野田さんを見つけたという証拠に一緒に写真を撮りたい」とカメラを持ち出しました。

ところが機械に弱い鈴木さんは、セルフタイマーの扱いがわからない。
戦前、カメラが趣味だった小野田さんが、
「だらしがないぞ、貸してみろ」と、
カメラのセルフタイマーを作動させて写真を撮ったそうです。
それが下の写真です。

自分のカメラの使い方がわからず、ちょっと照れ笑いした鈴木青年と、30年の月日を超えて、堂々とした帝国軍人の小野田さんが一緒に写っています。



鈴木紀夫青年の説得に応じた小野田さんは、昭和49(1974)年3月9日、村におりました。
そこで、かつての上官である谷口義美元少佐から任務解除および帰国命令を受けました。
こうして小野田さんの戦争は終わりました。



このとき小野田さんは、命令受領に先立ち、先に、谷口元少佐に直立不動の姿勢で、在フィリピン米軍基地の最新レーダー基地に関する詳細な状況報告を行っています。
その内容は、極めて正確かつ詳細なものでした。
そして、小野田さんは、谷口元少佐らとともに、フィリピン軍の軍事基地に向かいました。

そこで小野田さんは、フィリピン軍基地司令官に軍刀を渡しました。
軍刀を渡すというのは、軍人にとって、降伏の意思表示です。
小野田さんは、処刑されることを覚悟したそうです。

フィリピン軍司令官は、一旦受け取った軍刀を、そのままそっと小野田さんに返しました。
そして、こう言いました。
「この軍刀は受取れません。
 なぜならあなたは軍隊における忠誠の見本だからです。」

数日後、小野田さんの投降式が行われました。
この投稿式にはフィリピン大統領であるマルコス氏も出席しています。
大統領は挨拶のなかで、小野田さんに
「あなたは立派な軍人です」と、最大級の賛辞を贈りました。

実はこのマルコス大統領の挨拶は、たいへん大きな意味を持ちます。
というのは、小野田さんたちは、30年間継続した戦闘行為によって、フィリピン警察軍、在フィリピン米軍の兵士30人以上を倒しています。
大東亜戦争を戦い続けた小野田さんたちにとっては、これはもちろん「戦争行為」です。
しかし戦後に生まれたフィリピン政府からみれば、平時における殺人です。

マルコス大統領はこの問題について、超法規的措置をもって、小野田さんを讃(たた)え、小野田さんを一切の罪に問わないという意思決定を行っています。
これこそ、男の貫禄であり、国家の貫禄というものだと思います。



この席上、州知事夫人が改まった顔で、突然、次のように切り出しました。
「ミスター・オノダ。島の女性と子供たちからメッセージがあります」
場が一瞬、氷つきました。
(罪に問うのか?!)

州知事夫人は続けました。
「島の男たちは三十年間、大変怖い思いをしました。
 不幸な事件も起きました。
 しかし、オノダは決して女性と子供には危害を加えませんでした。
 彼女たちが子供たちと共に安心して暮らすことができたのは
 大変幸せなことでした。」

このことについて、後年、小野田さんは、次のように述懐しています。
「私は別にジュネーブ国際条約に定められた事項を守り通そうという意識があったわけではない。人として当たり前のことをしたまでです。」

そうなのです。
ハーグ陸戦条約は、非戦闘員に対する殺戮行為を禁じています。
もちろん小野田さんたちは、この条約のことは知悉しています。
そうではなく、それでもなお、「条約があるから婦女子を殺害しなかったのではない」と小野田さんは明言されているのです。
それは、「人としてあたりまえのことなのだ」と言っているのです。
これが帝国軍人です。
これが日本の男です。

武器を持って襲ってくる相手に対しては、たとえどんなに敵が強大で圧倒的な火力、圧倒的な戦力、圧倒的な兵力を持っていたとしても、敢然と立ち向かう。
しかし、武器を持たない者、抵抗しない者、婦女子等に対しては、たとえそのために自分が死ぬことになっても、一切攻撃をしない。

以前、拉孟(ラモウ)の戦いのことをご紹介しました。

このときの戦いで、両眼を失った戸山伍長は、妻の昭子とともに、苦しい戦いを闘っていました。
昭子さんが、全盲の戸山伍長の眼になって、手榴弾投擲の方向と距離を目測し、伝えていたのです。
そこに敵の第三波が来た。
甲高い喚声を聞いた戸山伍長は「少年兵?」と昭子に聞きました。
榴弾の信管を抜こうとした手を停めました。
「十五、六の少年兵ばかり!」と昭子さんが叫びました。
敵兵とはいえ、年端もいかぬ子供を攻撃する?
戸山伍長は一瞬躊躇しました。
そのとき、敵の少年兵が投げた手榴弾が夫婦の足元に転がってきました。
次の瞬間、手榴弾は轟音とともに炸裂し、戸山伍長、昭子夫妻はともに壮烈な戦死を遂げました。

若き日の私達の父祖は、そういう戦いをしたのです。
いかなる状況下にあっても、非道な真似はしない。
なぜならそれが日本の武士道だからです。

昔は、これが普通だったのです。
これが普通の日本人だったし、ご近所にいる青年やおじさんたちの姿でした。
とっても厳しい。
けれど、一本筋がピンと通っている。
それが日本の男でした。国家の品格でした。

戦後の日本人は、経済的には大きな繁栄を手に入れたけれど、品格を失いました。
しかし取り戻すことはできます。
いや、取り戻さなければならないのです。



ねずさんより
画像、リンクは追加しています





この男は何処を見ている?







小野田寛郎氏wikiリンク



凜として愛








ジョブセンス






 

あるギターの物語2


あるギターの物語2



62: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:08:19.19 ID:y+NcPp2n
ジジイが夕方少し早めに弾き語りを止めて小屋に帰った。それからは親や姉貴を心配させないために1時間半しかジジイに会えなかった。

ジジイはなんら嫌そうな顔せずにギターを教えてくれた。俺も一時間半しかないから真面目に練習した。

ジジイがしっかり褒めてくれてたからだ。間違っても

「あーそうじゃあねえな。こうだ」ってな感じで全然厳しくなかった。それでもサボらず練習した。

一軒家だったから音を小さめに家でも練習した。姉貴からは案外感心された。なぜかは知らない。

64: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:12:50.12 ID:y+NcPp2n
俺は覚えが悪くて何回もイライラした。それでもジジイは笑うばっかりだった。

ジジイは駅でかなり上手いギターを弾く。俺はそれをしっかり見ていたんだがな…

運指が速すぎて見えないんだなw初心者にあれは無理だわw

それから1ヶ月が過ぎた。やっとこさキーをマスターした。どこがどの音ってのを完全に覚えた。

俺「よっしゃあ!」

ホントに声が出た。ジジイからテストを受けてそれに全てオーケーをもらったのだ

65: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:15:53.54 ID:y+NcPp2n





ジジイ「はっはあ!覚えたなあ!」

そうやって肩をバンバン叩かれた。少し痛かったけど嬉しくてそれどこじゃなかった。

ジジイ「それじゃあ次は曲に行くかあ」

俺「ホントかよ!?」

嬉しくて大声を出した。

ジジイ「バカッうるせえ。たまたま近くに家がねえからって人がいるかもだろ」

俺「す、すまね…」

ジジイ「…スモーク・オン・ザ・ウォーターや」

俺「は?」

66: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:16:20.15 id:k0OHj0bt
大事なのはいかに音楽が好きで、その気持ちを維持する事心折れずに練習する事だよねー
テクニックなんて後で嫌でもついてくるからさー

67: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:17:53.31 id:ZKv06bHc
ディープの名曲

69: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:20:07.26 ID:3RXJbbFj
期待

70: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:20:35.25 ID:y+NcPp2n
全くもって騙されたと思った。俺が弾きたいのはヒア・カムズ・ザ・サンだ。ビートルズに取りかかれると思っていたのだ。

その怒りを察したのかジジイはやれやれと言った顔でギターを取った。

ジジイ「こういうのをロックっていうんや」

ジャッジャッジャー

あ、知ってる。聞いたことある。簡単そうだな…でもなんでこれがロックなのか?それが分からなかった。

ジジイ「…とりあえず本家聞いてみい」

そういって俺の授業ノートをひったくって
"Deep Purple smoke on the water"
と殴りかいた。

71: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:23:55.91 ID:y+NcPp2n


ジジイ「…聞いてみい」

その日はそれだけだった。家に帰って親父にテキトーに言い訳したあと聞いてみた。

俺「なあ親父」

親父「ん?」

俺「親父ってロック聞く?」

親父「有名どこだけな。俺はフォークのファンだからな」

俺はノートをこっそり取り出して聞いてみた。

俺「スモーク・オン・ザ・ウォーター?ってやつなんだけどある?」

親父は驚いた顔で椅子から立ち上がって笑った。

親父「お前もそんなん聞きたいのか」

72: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:27:52.45 ID:y+NcPp2n
親父は和室に行って俺を手招きした。そこは立ち入り禁止の場所でこっそり入るとよく親父に怒られた場所だった。

そこにあったのはレコードプレイヤー。なんでレコードで聞くか分からなかった。

俺「俺の部屋にCDプレイヤーあるが?」

親父「バカ。それじゃダメだ。ダメなんだよ」

と無理矢理レコードで聞かされた。俺が始めて聞いたハードロックとなった。

Deep Purple - Made in Japan」というアルバムだった。ライブ盤で今でも愛聴盤だ。

73: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:32:46.02 ID:y+NcPp2n
衝撃だった。全ての曲が俺を揺らした。誇大じゃなくてホントに。声がでないの。

そんときホントの感動を知ったんだよね。それでホントに決めたの。ギターが弾けるようになりたいって。

それから3年生になった。始業式の時の安全訓話で冷や汗が流れた。

ホームレスと遊んだり関わるのは止めましょう。

ホントに俺はガキだった。ここで言うこと聞いたらロックじゃねえぜ!って思ったんだよな。まあ焦ったのは間違いないが。

教室ではありえないだとか気持ち悪いとか騒いでたけど俺は
ああ…こいつらはホントのロックを知らない。悲しすぎるぜ。とか自分に酔ってたわwww

74: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:33:42.83 ID:y+NcPp2n
いちおー今日はここまで。
質問あればどうぞ。読んでくれてる人ありがと!

80: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:55:06.26 id:k0OHj0bt
>>74
乙。続き楽しみにしてるわ

81: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:04:08.70 ID:9w9GWN2d
>>74

続き待ってる
ついでに今も弾いてるのかと得意曲あれば教えてw

84: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:11:39.90 id:qljtUMUh
>>81
今も弾いてます。今はブラックモアズ・ナイト良くしますね

75: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:36:41.57 id:F8hFG9+G
続きがあるのか楽しみだ

76: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:41:20.35 ID:/u9UKlqP
面白かった

79: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:50:31.26 id:N7rsENaJ
面白い
続き楽しみにしてるわ

86: 青南蛮 ◆BANBAN.Bj6 @\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:15:26.56 id:zWCfUUJq
高崎晃は好きですか?

87: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:20:52.31 id:qljtUMUh
>>86
俺はラウドネスよりアースシェイカー聞いてまして…すいません

88: 青南蛮 ◆BANBAN.Bj6 @\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:27:32.84 id:zWCfUUJq
>>87
アースも良かったよねー
俺はラウド→インギーにいっちまった異端だったわ

89: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:35:15.47 id:zmXhE5NC
今いくつ?

90: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:37:39.56 id:qljtUMUh
>>89
今は27です。とうとうジミやカート、ジャニスの年になっちゃいました

96: 青南蛮 ◆BANBAN.Bj6 @\(^o^)/ 2016/11/22(火) 06:34:17.52 id:zWCfUUJq
>>90
45歳位を想像してたからイメージと違いすぎた
面白いから書き上げてねー

91: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 00:55:26.17 ID:8Uj+txlW
つづきたのしみにしてるぞー

97: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 06:51:13.14 id:w6J00bmz
続きに期待

102: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:15:44.11 id:z028FGmR



移動先で待ちぼうけ食らわせられてるのでケータイから少し更新

104: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:18:48.62 id:z028FGmR
俺はそれからもジジイとこに通った。中三という受験シーズンになっても変わりはなかった。いつものようにダッシュで家に帰ってギターを取ってこそっと駅に戻る。

ジジイはまた早めに切り上げて小屋にもどる。そしてスモーク・オン・ザ・ウォーターを聞いたことを伝えると

ジジイ「そうかそうか!」と笑ってギターを練習することになったのだ。

リフ自体は簡単だった。弾けるのに2日はかからなかった。でもその時に始めてアップピッキングというのを知った。

106: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:22:18.89 id:z028FGmR
ジジイ「この曲のリフはな、アップピッキングなんや」

ジジイはそういってギターを爪弾く。俺はただ見よう見まねで言うとおりに弾く。曲になっていったのが楽しくてたまらなかった。

いつものようにキーを押さえたあとにスモーク・オン・ザ・ウォーターを弾く。それだけの変化で一時間半という時間が永遠のように感じたんだよ。

ジジイは上手い上手いと俺を励ましてリフを弾く。それからは曲のAメロからサビまで全部教えてくれた。

俺はこの時Fというかパワーコードすら押さえられなかったけどジジイはコツを教えてくれた。

107: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:25:24.80 id:z028FGmR
ジジイ「パワーコードはな親指でEを押さえるとしやすいで?」

俺はこれで練習したせいでFは握りこんで弾くようになってしまったんだがw
でも確かに弾きやすかった。というより刷り込みだったんだろう。

真面目に練習すればソロ以外は1ヶ月程度だった。

でもある時だった。予想外に多くの金を手に入れたジジイはニコニコしながらある買い物をした。

108: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:30:01.38 id:z028FGmR
俺「何を買ったんじゃ?」

ジジイ「2ヶ月に1回の楽しみじゃ」

そういって買ったのはタバコだった。今でも覚えてるというか俺が今でも吸うきっかけになった。アメスピだった。

俺「ジジイはマイセンやろw」

ジジイは凄く幸せそうな顔をしてタバコを吸った。

小屋に戻った時にジジイがトイレで席を外した。その時ふっとジジイのギターが気になった。

109: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:33:40.33 id:z028FGmR
ものすごい良い音がするしカッコよかったからちょっとした好奇心でそれを弾いた。

俺「意外と弾きにくいなあ…」

そしたらジジイはいきなり戸を開け今まで聞いたことの無い大きな声で

ジジイ「そのギターに触るんじゃない!!」と怒鳴った。俺はマジで焦ってこそこそと返した。

俺「ご、ごめん…」

ジジイ「…また明日来いや。今日はもうしけたわ」

この時が最初で最後のジジイのぶちギレだった。ホントに怖かった。見た目からは想像もつかないドスの聞いた声だった。

110: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:38:14.06 id:z028FGmR
その日は半泣きで帰って家でちょこっと練習して寝た。

でも次の日行ってみるとまたジジイはけろっと笑って演奏を止めた。俺はホントに昨日のジジイか?と内心疑問だった。

スモーク・オン・ザ・ウォーターがソロ以外は完璧に弾けるようになったときに1つの思いがけない事がおこった。

中三の五月。その日は1日休みでまたジジイに教わって駅に向かったときの事だった。



111: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:41:20.77 id:z028FGmR
ジジイが弾くいつもの場所に既に先客がいた。弾き語りの先客だった。

ジジイ「はー…珍しいこともあるんじゃなあ」

そこにいたのは黒髪が長く凄く美人、というより超俺好みの女性だった。正直一目惚れだった。

しかし変な点が1つあった。その美貌からかかなりのお金が落としてあったが小銭が投げられたときは深々と頭を下げるのにお札が入れられたときには普通に弾くのだった。

112: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:46:22.73 id:z028FGmR
そんな変な違和感をうっすら感じているとジジイがスタスタ近付いていった。内心全く準備が出来てなくて慌てて追った。

ジジイ「嬢ちゃん、ギター上手いな」

とジジイはいきなり女性の横にドカッと座る。因みにその女性は折り畳み椅子に座ってた。

女性は横を向いてちょっとニコッとして
「もしかしていつもここで弾いてる人ですか?」と聞いた。

ジジイは腕を組んで絶世のドヤ顔で「いかにも!」と言った。ホントに吹き出しそうだった。

113: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 09:58:10.51 ID:8JUj53kS
すると女性が演奏を止めてジジイの方を向き満面の笑みで言った。

女性「私あなたに憧れてここで弾くことにしたんです!」

憧れ?ちょっと待てよwジジイに?俺はジジイがギターと歌が上手かったから興味を持ったんであって憧れとかはそんなに無かった。うっそだろwとか思ってたらジジイもウソでしょ?みたいな顔してた。

この光景うまく描写したいんだけどねwホントにシュールだったからwww

女性は尚も続けた。

115: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 10:04:17.74 ID:8JUj53kS
女性「いつもサンハウスとかジョン・リー・フッカーとかしてますよね!私好きなんです!」

俺にはジジイがやってた曲の作者なんて知らなかったがこの女性の趣味が相当渋いのが手に取るように分かった。

女性「私もやろうとするけど出来なくて…」

ジジイは驚いた顔を一瞬だけしてまた笑って女性の肩を叩いた。

ジジイ「なんも心配することないさ。嬢ちゃんだって弾けるぞ?」

女性は唐突にジジイに私の演奏を聞いてくれと言った。ジジイは何かはっとした顔をしてまた笑っていいぞと言った。

116: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 10:08:22.26 ID:8JUj53kS
女性はアコギをチューニングしてセットした。よく見れば彼女は左利きだった。そういえばこの頃俺は既にチューナー無しでチューニング出来るようになっていた。というかさせられていた。

女性「じゃあ」とだけ言って演奏に入った。ものすごく上手い。ジジイとは違うけれど上手い。どこか優しげな音色が連弾で爪弾かれる。

ジジイはにやっとしてタバコを手に取りまた黙って演奏を聞いた。
一方の俺は「え?歌は?」みたいな感じでヤムチャ目線で曲を聞いてた。

117: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 10:11:59.39 ID:8JUj53kS
ほんの2分程度で演奏は終わった。俺には感動しかなかった。ジジイは大きく煙を吐き出すとにやついて

ジジイ「リトル・マーサか。嬢ちゃん渋いね」と笑った。その演奏にまた誰かが小銭を投げる。女性はすっとうなずいた。

ジジイはふっと悲しい顔をして溜め息をついた。

ジジイ「嬢ちゃん今まで大変だったろう?いくつよ」

119: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 10:16:22.65 ID:8JUj53kS
とりあえずここまでで。仕事行ってきまーす

120: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 10:19:44.02 id:MYnw+ok3
面白い

123: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 11:40:01.75 id:ZYvfAS+5
引き続きたのむ

126: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 11:59:01.00 id:yc4rQUe1
色々とすごいじいちゃんだな
また帰りにここ開くの楽しみにしてるわ

129: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 12:27:35.11 id:OIwIONzt
不思議なおもしろさについつい引き込まれたよ
続きに期待してる

130: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 12:32:10.25 ID:9qi6Ic4s
じじいと嬢ちゃんは誰似?

137: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:12:18.75 id:qljtUMUh
>>130
どちらかというとホントのサンハウスみたいな感じです。女性は私感で堀北真希さんの全盛期をもちっとクールにした感じです

ファーザー・オブ・フォーク・ブルース(紙ジャケット仕様)

131: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 12:35:11.97 ID:1OVQigCW
ミッキー・カーチスをさらに小汚なくした感じを勝手にイメージしてるんだけど

132: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 12:39:11.78 ID:Vy+aWIQ1
>>131
ミッキーが小汚ない前提でワロタ

133: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 13:01:13.45 id:qBF8FKiw
>>131
俺もそのイメージだった

136: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:07:55.26 id:jCbDd77T
泉谷しげるのイメージだった…



138: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:16:44.54 id:qljtUMUh
めくら。この言葉の意味は中学生でも分かった。盲目の人だった。女性は目を開いてるのに見えないってのでちょっと絶望した。

でも瞬時に尊敬の念が出てきた。なんで目が見えないのに弾けるんだ?まさか音だけ!?ってな感じで。

女性「私は○○五十鈴。五に十に鈴で五十鈴です」

いきなりの自己紹介にもジジイは動じなかった。

ジジイ「ジジイや。68やで」

151: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 15:13:04.39 ID:9qi6Ic4s
五十鈴なんて読むの?

152: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 15:14:12.94 id:deomKHJx
いすずじゃね

153: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 15:14:13.43 id:MYnw+ok3
いすずじゃない?



139: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:20:39.90 id:qljtUMUh
女性が年を言わざるを言えない状況にするあたりホントにデリカシーないと思った。女性は気にせずニコッとして「17です」と語った。

俺「姉貴と同い年やん…」

思わず言葉が出てしまった。女性はきょとんとして「そちらに誰か?」と聞いた。慌てて返事を返す。

俺「俺っていいます。中学生です」

女性「そう。俺君。お孫さん?」

いやー…といってジジイとクスッと笑った。

俺「俺はジジイにギターを教わってる立場です」

140: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:25:31.92 id:qljtUMUh
すると女性は驚いた顔をして俺の手を取ろうとした。

女性「ズルいです!私も教えてほしいです!」

ジジイはカッカッカッと笑って女性の肩を叩いた。

ジジイ「よっしゃ!嬢ちゃん何が弾きたい?教えてやるぞ?」

女性は大きな声で「プリーチング・ザ・ブルース」と言った。

俺は盲目の彼女に恋をした。



141: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:32:23.22 id:qljtUMUh
その日は俺だけ彼女の連絡先を手に入れみんな解散した。彼女は事情が事情だし週末の2日だけジジイに会いに来ることになった。

週末に予定を入れるきはさらさら起きなかった。親父が飯食べに行こうといっても断った。彼女に会えたらそれでよかった。でも1回もつ鍋に連れていくと言われた時はむちゃくちゃ考えた。

ジジイは俺に課題を出すようになった。コードを覚えろということだった。正直キーが分かっていて教則本を見ればすぐだった。
彼女にはボトルネックの扱いを1から教えてた。彼女は覚えがいいのかものすごく上手だった。それに歌も優しくキレイだった。

142: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:37:15.31 id:qljtUMUh
彼女は良く「リトル・ウィング」を弾いた。良く考えれば17にして弾ける人間は今からしたらそうはいない。上手いのも当然だった。

それに耳が良かった。俺のギターが少しでもチューニングが狂えば教えてくれた。3人ともチューナーなんて使わなかったw

いつものサイクルに彼女が加わった。俺は色んな意味でハッピーだった。何回も彼女で○○○。失礼なことに盲目というのも○○してた。中学生なんで許してくれやw

143: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:41:30.00 id:A0v01lms
青春だなー

144: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 14:41:30.85 id:qljtUMUh
俺は彼女と


3につづく


某掲示板より
画像、リンクは追加しています












俺はオーナー


俺はオーナー




コンビニ店長になってはいけない
13の理由

初めまして、元コンビニ店長です。私はコンビニで15年ほど働き続けてきたのですが、先日フランチャイズ(以下FC)契約満了のタイミングで退職しました。表面上は「アルバイト→店長→FCオーナー」と順調な出世をしてきたのですが、現実はなかなかに険しいものでした。同じような悲劇を新規加盟者が繰り返さないように、またこれを読んでくれたコンビニ関係者が現場の苦しみを少しでも感じとってくれて、今後の本部運営に活かしてくれることを願ってこのブログを書きました。単純に鬱憤を晴らしたいという気持ちもかなり強いですが。

 
まず私が働いていた店の環境を簡単に説明します。日商は全国平均を少しだけ上回る程度、本部とのFC契約条件はそれなりに良いタイプ、単店舗で社員は私と親族1名の合計2名のみ。正直、他のコンビニ経営者の多くは羨ましがるような条件かもしれません。しかし例え恵まれた環境であったとしても、問題点があまりにも多すぎるのではないかと私は感じました。

 
コンビニ店長になってはいけない13の理由、
まずは経費の面から述べていきたいと思います。



【1.販売期限切れ商品の負担】

お弁当やおむすび、パンなど賞味期限が短い商品は売れ残ると廃棄になります。その廃棄になった商品の原価は、コンビニチェーンや発注条件などにより多少変わりますが80%以上は店が負担します。廃棄を出さないように発注すると売場は当然品薄になるので、客が買いたい商品が欠品して客が離れてしまう可能性があります。つまり廃棄を出さずに店を経営するのはほぼ不可能であり、利益を圧迫するような状況であっても店のオーナーは毎月何十万という廃棄金額を負担しなければなりません。

 

【2.人件費の負担】

並みの売上のコンビニでは最低賃金の時給をアルバイトに払うだけで精一杯です。店の利益は増えていないのに最低賃金は容赦なく上がります。店長が休むとアルバイトの人件費が増えるので利益が減ります。店長を休ませるために本部が人件費を負担することはもちろんありません。

 



【3.水道光熱費の値上げ】

特に電気代の値上げが切実で、震災前と比べて毎月5万円以上は上乗せされています。水道光熱費は店の利益から引かれるのでオーナーの家計に直結します。蛍光灯のLED化など節電策は出されていますが、本部からの金銭的なフォローは一切ありません。

 

【4.原価の高騰と利益率の低下】

コンビニに限らず、あらゆる食料品や日用品の原材料の価格が高騰しています。さらに消費税の増税もあり、販売価格を上げざるを得ない状況が続いています。それにもかかわらず、販売数の低下を恐れて「原価が上がっているのに売価を上げていない商品」が存在します。利益が少ない商品を売るメリットは店にはありません。併売需要や再来店動機になることを本部は言いますが、そこは本来商品力で勝負するべきだと私は思います。そこで戦えない会社に未来はありません。


経費面について述べてきましたが、他業種でも同じような状況に陥っている会社は多いのではないかと思います。次はコンビニならではの問題「人とオペレーション」について説明していきます。


 

【5.アルバイトが集まらない】

これは本当に切実な問題です。どんなに優秀な経営者がいても働いてくれる人がいなければ仕事になりません。コンビニとしてはそんなに低い時給設定ではないにもかかわらず、半年間で20万円近くの募集広告費を費やして1人もアルバイトを採用できなかったときは本当に辛いものがありました。人材を選んでいるのではなく、誰も来てくれないんです。電話すら来ない。その理由は3つあると思います。

1つは、コンビニバイトがそんなに楽ではないと気付かれ始めたこと。昔はコンビニバイトといえば楽なイメージだったのが、最近では「身だしなみにも接客にもうるさい上に、覚えることがとんでもなく多い。」そんな風に思われているのではないかと思います。

2つ目はコンビニの店舗数が多すぎること。これだけ店舗数が多ければバイト希望者も分散するのは当然です。

3つ目はステータスにならないから。SNS全盛期、友達に自慢できないアルバイトを率先してやりますか?ダサいユニホームの自撮りを載せても誰も「いいね!」してくれません。

 


【6.優秀な人材が来ない】

頭のいい人はアルバイトを探すときに何を重要視するのかを考えてみました。時給、まかない社割などの待遇、友達に自慢できるステータス、将来に活かせるスキルを得ること、異性との出会い、おそらくそんなところだと思います。コンビニには何にもありません。優秀な人材など来るはずもありません。ダメな人間を一人前に育て上げるのが真の店長だという方もいるかもしれませんが、私の考えは全く逆です。

本当にダメな人間は何をやってもダメです。

 



【7.レジオペレーションの煩雑さ】

各種電子マネー、クレジットカード、割引券、商品引換券、ポイントカード…とにかく多すぎます。併用できない組み合わせ、受付する順番のルール、クレジット支払い不可の商品など、とても覚えきれる量ではありません。私はレジに相当詳しい自信がありますが、とにかく異常な複雑さだと思います。優秀でないアルバイトにそんなものを使いこなせるはずありません。

 

【8.販売委託・代行業務の非効率さ】

チケット発券、公共料金の支払い、ネットショッピングの支払い、プリペイドカードの販売、荷物の受取などとにかくたくさんのサービスがありますが、どれも店の利益は1件当たり数十円です。おむすび1個分の利益を得るためにレジ接客の時間を何十秒も取られます。利益が少ないにもかかわらず扱う金額が大きいので、間違えたときのリスクが高いということです。チケットやプリペイドカードなどで表向きの売上は上がりますが、店の利益はほとんど増えません。本部は来店客数の増加と利益の増加のバランスを考えてはくれません。



【9.大金を扱うリスク】

代行業務が多いため1回の会計で10万円以上のお金がやりとりされることも多いです。それを高校生のアルバイトが受け付けしたりすることも当然あります。毎日100万円以上のお金が店に集まります。金銭の不正をするアルバイトが出たときは大変な騒ぎになりますが、本部は一切介入しません。防犯カメラの設置・運用も店負担なので自分の身は自分で守るしかありません。

 
次は店長の休日と客についてです。頻度の差はあれど、24時間営業の他業種でもあることかもしれません。

 



【10.休めない】

厳密に言うと休めます。ただし休んだ分の人件費と、それなりに経験を積んだ信頼の置けるベテランバイトは必要になります。それを用意するのが簡単ではないからなかなか休めません。本格的に丸1日休むとなると精算業務、発注なども任せないといけないのでさらに難易度は上がります。

 

【11.深夜早朝休日の呼び出し】

頑張ってアルバイトを育ててシフトを調整して休みを取ったのに店でトラブルが起きてしまうと、店に出向かわないといけません。客が「店長を呼べ」と言うとアルバイトは店長を呼ばざるを得ないのです。どうして店長まで24時間年中無休でないといけないのでしょうか。



 


【12.コンビニ利用者のモラルの低下】

家庭ゴミの持ち込み、駐車場のゴミのポイ捨て、トイレのいたずら、汚い手で立ち読み、コーヒー用備品の過剰な持ち帰り、商品の万引きなど犯罪レベルの迷惑な行動をする客。自分の納得できる接客レベルでないとキレる客、品揃えにいちいち文句を言う客などやたらと上から目線な客。好き勝手、自分勝手な言動をする客が多すぎます。しかもそういう客に限って何度も来店する傾向があるから本当にたちが悪いです。そしてこういった客は時代の流れと共に、今後さらに増えていくと私は予想します。




【13.そして何でも屋へ】

コンビニのサービスは、客が自分である程度やってくれるという体で成り立っています。もちろん困っている人は助けますが、そのような事態は本部は想定していません。おじいちゃんにコピー機の使い方を教えていたら、レジに大行列ができているなんてこともあります。「コンビニはなんでもやってくれる」そう思ってもらえるのは有り難いことなのかもしれませんが、限られた人数で働いている店に過剰な負担をかけているのは間違いなく「できないことはできない」とはっきり客に伝えていかないと、コンビニは客にとって都合の良い何でも屋になってしまうのではないかと思います。一番大事にするべきなのは利益率の高い「商品」を買ってくれるお客様です。さすがに本部もそこを見失ってはいないと思いますが、現場は危機的なフェーズに突入しています。優れた商品を質の高い接客で売る。そのための地盤が本当に整っているのか、本部には本気で考えてもらいたいです。



美しい目をした某重役たち
 

最後に、このブログは2015年上旬の自分の店の状況をもとに書いたものです。店舗毎の売上の差、本部との契約条件、店の立地条件・土地柄によって、利益や人の問題は大きく異なります。全ての店長・オーナーが苦労をしているわけではないと思いますが、全国平均以上の売上がある私の店であってもかなり厳しい生活を強いられています。とくに精神面での負担は年々大きくなっていき、とても耐えられるものではなくなり辞めることを決意しました。

新たにコンビニ経営を始めようとしている方は「ハズレくじを引かされて契約年数分の人生を無駄にするかもしれない覚悟」を持って挑んでください。当たりが出る確率は極めて低いと思いますが…


コンビニ店長の闇さんより
画像は追加しています




「御主人!
あなたのお店になるのですよ!
経営者、オーナーですよ!
華やかな老後が、あなたを待っています。
退職金を元手に開業ですよ!
私共が全面サポートいたします!
是非、ご決断を!」


最近、
あまり引っ掛からなくなったな。
まあ、解るわな。
儲かる訳無いだろ

この通りに
コンビニは何店舗あるんや?
トイレには困らんな

なんでも屋は
こんなにいらんな

俺も○される前に
トンズラするわ








激アツコメント集


 通りすがりの雇われ店長

凄い納得。コンビニ雇われ店長になり、2年が過ぎました。その間、丸一日休めた日がありません。その為、家族仲も悪くなりました。今、40代。もう少し若ければ逃げ出してます。

1年前 

 元奴隷店長

一通り読ませて頂きました。全てが、声に出すほどうなずける内容でした。私も、アルバイト→店長(雇われ)→マネージャー(店舗変わって)の、順に体験してきましたが、周りからも、自分でも(何が良くて)働いてるの!?と、なんども突っ込まれます。その返事は、一度も、まともに返せたことが有りません。どんなに考えても、メリットが浮かびません。
これからFC契約や、雇われ店長となるつもりの方は、必ず、10年、15年の間に、ナニを得られて、ナニを失って生きて、行く事になるのか、考えて行動していただきたいと思います。

1年前 

 コンビニオーナー兼店長

16年間店長、商売は30年している者ですが、書いてあるのは嘘ではありません。全て事実ばかりです。現在、主人は一日18時間労働、立ちっぱなしのせいの下肢静脈瘤を手術し、ストレスの為にB型肝炎も併発してしまい、死の危険も免れません。病気になるのも加えると14の理由になります。
契約がある為、辞めるとなるとその上に罰金を何百万も取られる泣き面に蜂どころか、非情で残酷な業界です。
これからと考えている人は、本部の考えはFCのオーナーなんて絞れるだけ絞りとろうが本音で、建前の明るさや美味しい話で釣られないで欲しい。
24時間なんて強制以外の何物でもなく、大事な人生の時間は後では戻りません。
家族は険悪になり、離婚は普通に他のオーナーでもよく聞きました。
客だった頃には想像もつかない生活になります。本部は「何故契約したのだろう」と考える隙を与えないよう新しいオペレーション、仕事を増やして手一杯にさせていきます。
今年は辞めると決めています。

346日前 



 これからの時代

これから先はコンビニのオーナーになるよりコンビニ深夜バイトになるほうが稼げる時代かもしれませんね。なんのしがらみもなく重宝して感謝され雇用されます。気に食わなければ辞めればいいし、なんなら労基に訴えてください。コンビニで潤う時代なんて終わりました。これからは自己資本を本部に食いつぶされる時代です。

325日前 

 現店長

内容が真実過ぎて困りました。
自分は
高校生の時からバイトを始め
学生バイト→フリーター→社員→雇われ店長
と来ましたが
店長になってからまる一年休みは1日もありませんでした。
スタッフが極端に少ない事もあります
募集を絶えずしていても、場所柄なかなか集まりません。
もう10年以上を仕事1色(に生きてきました
ここまで来ると生涯独身も覚悟を決めております。
もう少し給料は低くても良いので
定休を下さい。
といった感じです。

311日前 

 元店長

全て見入ってしまいました。
本と私が言いたいことを言ってくれたって感じで納得です。この終りのない仕事を踏まえ利益の無い無駄なサービスを増やし客を付け上がらせ悪い評判は広まり人も来なくなり休日も無く本部の推す商品を半場強制で売らないといけない。我慢我慢我慢の連続で売上を上げたら近い商圏に店を作り潰そうとしてくるこの仕事。本部やこの業界は一体どうしたいのでしょうか。もう働いてくれる人さえも居なくなってますよ。私は雇われでしたがオーナーには死んでもなりたくないって思いますね。今でもあちこちでオーナー募集とか詐欺広告が出ていますがきょうも次の犠牲者が出るのかなと思っています。これを読んでおられる方の知り合いにコンビニ経営するって方が居たら全力で止めてあげて下さい。

273日前 

 現役15年目オーナー

人手不足真っ只中の者です。
記事を読ませていただきました。
確かに大変ですが、いくつか良い事もあります。
まず上司がいない事。
私にはこれが1番の利点です。勿論経営者としての責任はありますが、嫌な上司の下で働く可能性はありません。
それなりの収入がある。
平均で50万程は収入があります。
子供2人を養う位は出来ます。

これからのコンビニの未来は無いと思いますが、他の仕事も似たような物かと思うこの頃です。

153日前 

 これからを考えてる最中の未熟者

隅々まで読ませていただきました
また、コメントされている内容も全て読ませていただきました

実は今日、説明会に参加してきたのですが、いくつか疑問に感じる点があり、説明をお願いしたのですが担当者から明確な答えが返ってこなかったため、かなり不信に思いこの本部とは契約はしないと心に決めてきました
そして、このブログを拝見させていただいて、その時の直感は正しかったのかな?
なんて思ってます
ありがとうございました

150日前 

 コンビニオーナー始めようかな?と思って調べたら 

大変参考になりました。
日本経済新聞の記事によりますと、コンビニ本部はオーナー不足と生産人口減少に伴う人材不足で新規出店数が減っているとの事ですが、オーナー不足や人材不足ではなくビジネスモデルが破綻している為の新規出店数の減少というのが真実の様ですね。
人材不足ではなく奴隷不足というべきでしょうか?

138日前 

 アルバイト

3年間毎月200時間勤務しています。オーナーが、新店舗出すのに、遅刻ばかりする男の人を店長にするとの事で、私は、辞める事にしました。あまりにも見る目が、無さすぎ。多分潰れると思います。どうして、こうゆうオーナーが、新店舗出せるのですか。本部の人の目を、疑います。

132日前 

 sakuta

身内の家族がコンビニ経営してます。土地を持っていて、立地条件が良いです。毎日がお祭りかと思うような客数ではないですが、安定しています。公共施設の近くなのもあります。
売上は平均よりは明らかに良いですが、私の(コンビニとは関係ない立場)のモットーは『平均で比較する』はナンセンスなので、油断しないようにしてほしいです。
本部に進められて二店舗目を展開したようですが、そこは県でも上位の売上の好条件な土地でした。毎日がお祭りの稼ぎでしたが、嘘みたいに近くにコンビニが出来てしまい、ライバル店に苦しめられてるそうです。【ライバル店が出現しやすい】は15個目に入るのでは??それでも売上はかなり黒の様なので恵まれてはいますね。2店舗とも黒字だそうです。片方が仮に赤字でも片方で十分に賄えます。
ただ、ここでのお話は【売上】ではないのです。

そう。経営者、店長さんともども見ていても、精神面が破綻してますね。まともな感性が無い。女性店長もこの2〜3年でブクブクと太り、元の原型を忘れさせてくれるほど。
家庭も崩壊して離婚してます。【周りの関わる人々に与える不快感】といったら無いですからね。よほどな器の人じゃないと。

全ては【人件費削減の徹底】というふざけた傾向から。

365日25時間、コンビニに張り付かせて脳を破壊してしまえば、奴隷として扱いやすくなるからです。わかります??人は疲れやイライラが溜ると考えることを辞めてしまうのです。本部は、それを知っていますね。

人間、意識にモヤのかかったようなグループと、知識や経験、判断力のしっかりした者にわかれるんです。コンビニ経営者の大藩は前者です。大半の本部SVも同じですよ。

●●売上があるのは、たいそうなご活躍ですが人間、感性が失くなったらおしまいですね。ただただ廃棄を食べて生活している豚にしか見えません。コンピュータ技術の向上や真新しい商品が見事に同情の余地を与えませんし。

まともな頭の人ならば、コンビニ経営なんてやりませんよ。
本部に務める事も絶対にしませんね。何処に飛ばされるかわからないリスクはコンビニ経営者よりも計り知れませんしね。

127日前 

 アルバイト

オーナーの人格は、あまりにも悪い。今の店を、閉店して新店舗に移転する日にちが、近づくと、辞めていいよと、言ってきました。人が、いないから、引っ張れるだけ引っ張って、次は、シフトあまり入れないとか。それを早く言うべき。最低。本部も、よくこいつを、新店舗持たしたな。見る目が、ない。潰れろ。遅刻ばかりしている人を店長にするのは、おかしい。潰れろ。

122日前 

 気楽な会社員

辛辣な意見で申し訳ないですが・・・
コンビニが地獄なのは少し想像力を働かせればすぐに分かるはずですよ。

365日24時間ですよ・・・

何も自ら多額なお金を投資してまで不健康な生活をしなくても良いのではないでしょうか?

それなら派遣で働いていたほうがリスクは少ないし気楽で健康的ですよ

99日前 

 現店長(雇われ20代)

雇われです。
週休2日です。休みの日は、店に行きません。
深夜早朝店から電話かかってくることもたまーにあります。でも店に出向くことはありません。
利益も潤沢に出ています。
4店舗ありますが、私みたいな社員の数は14人程います。
社宅制度など、福利厚生充実
子供2人養えるぐらいの給料貰ってます。

結局のところ、有能な人は儲かる店舗開けるし、そうじゃない無能は喰わされる。
商売ってそんなもんすね。
記事に書かれている、休めないってところを見るだけで、お察しレベルな人物だというのがよく分かる。
まぁ、店が増えすぎていて、人が集まりづらい、売り上げが伸びづらいってのは確かかもしれない。
から、どんどんやめてくれ、生き残るところは生き残るけどね。

89日前 79

 くだらぬ記事

丸でコンビニで働く人は頭が悪いって決めつけた物言いだな

優秀な人材がこない?

それはあなたが人の秀でた所を見る能力がないだけ

61日前 

 嘘ではないが全店舗に共通してはいない。

これは記事を書いた本人がはたらいていた店舗の事であって、
そりゃ全国に店舗あるんですから、共通する点があるお店もあるはずです。
でも全店舗ではありません。
今働いている店舗は、オーナーが他に数店舗経営しています。
1店舗だけだと赤字になってしまう商品も、
違う店舗で売れ筋に上がれば黒字にもなります。
店長の皆様含む社員は
休みの日も店に来て仕事なんてしてたら逆に怒られます。

レジ操作について覚えることが余りに多く。と言いますが、
そんなに多いですか?

最初はたどたどしさがありますが、教え方さえちゃんとすれば、初めての方でも1日でレジはできるようになります。

覚えられないと言うよりは、
レジを見ながら品だししつつ、時間を見計らって鮮度管理やフライヤーの仕込み、

という、同時進行の作業が辛いと思ってしまう方は結構辞めてしまう事が多いですね。

58日前 

 経験者として 

私自身お店の管理のほとんどを
成人前からしてました。
店長ではないけど他店舗にオーナーと店長が
ほとんど居たので私自身が店舗管理してましたが、
上に立つ立場の方がそういう考えなら
その程度の人しか集まりません。
仕事に対しての付加価値、やり甲斐、意義etc
そういったものを決めるのは結局自身の持ちようですが、
先ずは雇う側が雇われる側に伝えられなければ意味がありません。
上に立つ立場の方がその程度の考えなら
いくら良い人材になる可能性がある人だって
腐らせてしまいます。
雇われる側の文句を言う前に
自身の行動や方法について考えましたでしょうか?
まずは人じゃなくて自身を見つめる。
雇われる側の前に雇う側に問題があるのでは?

自身を見つめもせずにこの記事を書いたのなら
その程度なんでしょうね。笑
明らかにこの記事を書いてる時点で
上に立つ立場としてのあり方や考え方が
分かってなさすぎる事がわかりますけど…笑

8日前 

 ふむ

この記事は、私がバイトで見た いくつかのコンビニ店そのままです。
コンビニオーナーになる人はバカだとしか思えなかった。
成功している店もあるでしょうが、
コンビニ開業を目指してる方、あちこちのコンビニの店長に頼みこんで生の話を聞くべきです。ネットで いろんなコンビニオーナーの生の意見を見るべきです。
それをせずに決断するのは愚かです。


実は私も19のとき
コンビニにバイトでいてました
店長がトンズラしたので
夜勤、発注、金の管理、
全部やらされてました
私の頃はPOSがでる前の
手打ちレジです
POS(バーコードスキャン)になり
かなり楽になった

万引き常習の輩
バックにあるシャンプーを
パクるオバハンパート
アルカリ乾電池をパクる新米社員
夜中の店内で消火器を撒くシャ○中
ダイレクトにレジの金をパクる
高校生バイト(常連客の娘16)

嫁ともこの店で
知り合いました

生まれ変われるなら
コンビニでバイトしません

不景気の時
40過ぎぐらいかな
現場と夜勤コンビニ
掛け持ちしてました

しんどくて
身体おかしくなりました

皆様
お金も身体も
大切に







嫁はスズラン


嫁はスズラン




有毒植物(毒草)15選


今回は、人の死亡例がある有毒植物について、
症状や毒性などを中心にご紹介します。

1.ソクラテスの処刑にも使われたドクニンジン

1(出典:tacethno)

まず最初に、毒草として歴史的に最も有名であるこの植物から。

ドクニンジンは、かつてギリシャで処刑に使われていた。最も有名な犠牲者は、哲学者のソクラテスであり、彼はドクニンジンの杯をあおり、命を落とした。

ドクニンジンには複数の毒物が含まれているが、その中で最も人間に致命的なのがコニインである。ごく少量のコニイン(6~8枚の葉っぱ、あるいはごく少量の種、根)を摂取するだけで、人間は中枢神経が侵され、筋肉がマヒし、命を落とす。

筋肉のマヒは、まず足元から起こり、徐々に体の上方へと広がっていき、最後には呼吸筋が麻痺して、呼吸困難に陥り死にいたる。



2.牛が15分で死亡するドクゼリ

2(出典:Pinterest

ドクニンジンの仲間であり、日本三大有毒植物の一つである。毒性も、ドクニンジンに負けず劣らず強い。

七草粥として食されている春の七草の”セリ”によく似ており、同じような場所に生育することから、誤食による中毒者が後を絶たない。

ドクゼリの毒には、シクトキシンと呼ばれる神経毒が含まれている。特に根っこの方に集中している。ドクゼリを食べると、中枢神経が過剰に刺激され、吐き気、腹痛、呼吸器障害、腎不全、不整脈、震え、発作などが起こり、最悪の場合死ぬこともある。

シクトキシンは非常に毒性が強いため、これを食べた牛がたった15分たらずで死亡したという報告も上がっているほどだ。


0円パソコン


3.数多くの死者を出している、キョウチクトウ

3(出典:nessisreitblog)

美しい花を咲かす低木であるが、その毒性はあなどれない。キョウチクトウには葉や花、果実、根、そして周辺の土壌、燃した煙にも、心不全などを引き起こす強心配糖体が含まれている。

1975年にバーベーキューの串代わりにこの低木を利用して7人が死亡し、1980年には飼料に混入したわずか数gのキョウチクトウを食べて、9頭の牛が死亡している。

4.日本での死亡事故が多いトリカブト

4(出典:Wikimedia

日本三大有毒植物の一つであり、古来からトリカブトの抽出成分を塗布した毒矢が、狩猟や戦いに使われてきた。人がこれを誤食した場合、死ぬこともある。

トリカブトには神経毒であり心臓毒であるアコニチンを含んでおり、嘔吐・呼吸困難、心不全などをもたらす。そして、その毒は即効性であり、口に入ってから数十秒以内に起こる。

新芽が芽吹く季節になると、ヨモギやセリとよく似ているためそれと見間違って誤食し、中毒死する事故がたびたびニュースになっている。


5.青酸カリよりも強い毒を持つ、スズラン

13(出典:Wikipedia

鈴のような可愛らしい花を咲かせる植物だが、その見た目によらず、38種もの有毒な強心配糖体を含んでいる。毒の強さは青酸カリの15倍にも達する。

スズランは全ての部分に毒があり、摂取すると頭痛やめまい、おう吐、心不全などを起こし、重症化すると死に至る。北海道では、山菜の王様として知られるギョウジャニンニクと良く似ているため、誤食して死亡するケースが報告されている。


LINEモバイル


6.幻覚をもたらすキダチチョウセンアサガオ

6(出典:io9)

花がトランペットの形状をしていることからエンジェルストランペット(天使のトランペット)とも呼ばれている。開花すると、最大で長さ50cm、幅は30cmに達する。

可愛らしい名前を持っているが、その毒性は恐ろしい。これを食べると幻覚や急性痴呆などの症状が現れ、最悪の場合死に至るのである。


7.口内に炎症をもたらすディフェンバキア

7-1(出典:ourhouseplants)

観葉植物として有名なディフェンバキアであるが、その葉の細胞には、針状結晶のシュウ酸カルシウムを含んでいる。

(下の写真、倍率600x)

7-0(出典:ourhouseplants)

葉を噛むと、これらの針状結晶によって口をはれ上がらせたり、多量のよだれを出させたりする。多くの場合軽症にとどまるが、稀に口内が強く腫れ上がって気道をふさぎ、呼吸困難で死亡することがある。


8.青酸カリの数万倍の毒性、トウアズキ

8(出典:Lucid)

インドネシア原産のつる植物であり、その種子が鮮やかな赤色で美しいことから、装飾やマラカスの玉として利用されてきた。しかし、この種子には強力な毒性物質、アブリンが含まれている。その毒性は青酸カリの1万倍である。

アブリンの毒性は、細胞レベルでの機能阻害であり、タンパク質合成を行うリボソームを不活性化し、細胞を死滅させる。実際の症状としては、発熱などの風邪に似た症状が出た後、臓器が機能を失い死に至る。


9.死のリンゴ、マンチニール

9(出典:Useful)

リンゴとよく似た果実が実る植物で、あらゆる植物の中でも、最も危険なものの一つと言われている。マンチニールが危険なのは、その全てに猛毒を含んでいるからである。

樹液にはアレルギー性皮膚炎を起こすボルボール、果実には下痢や吐き気をもたらすアルカロイドが含まれている。樹液の場合、雨水に溶け出たものが皮ふに触れるだけで激痛におそわれるという。

樹液では死なないが、果実を食べた場合には致命的になりうる。その強力な毒性から、スペインでは「死の小リンゴ」と言われ、恐れられている。


10.最も人を殺してきたオオミフクラハギ

10(出典:Wikipedia

3番で紹介したキョウチクトウの仲間で花の形がよく似ている。そして、こちらも強い毒を保有している。日本では沖縄だけで見られる種で、沖縄方言の「目脹ラ木」(ミフクラギ、目をこすると腫れる木)からこの名前が付いた。

この木には、ケルベリンという毒が含まれており、心筋中のカルシウムチャネルの働きを阻害し、不整脈を起こす。多量に摂取した場合は、死にいたる。

またオオミフクラギは、完全犯罪を目的とした凶器に利用されることがしばしばあった。それは抽出毒のケルベリンが、容易にスパイスへと偽装できる素晴らしい風味を持ち、そして多くの場合検死ではケルベリンが死因として見過ごされがちだからである。

さらにフランスの毒物学者は、どの植物よりも人間を毒殺し、自殺させた植物だと結論づけている。インド・ケララ州に限っただけでも1989~1999年の間に、この植物が原因で500人以上が亡くなっているのである。


みんなのFX CBなし


11.植物の中で最強の毒を持つトウゴマ

11-0(出典:Wikipedia

トウゴマは、薬や石けんの材料などに使われるひまし油が採れることで有名である。だがその種子には、猛毒があり、その強さは世界一を認定するギネス世界記録で、「最も強い毒を持つ植物」と認定されるほどだ。

(↓トウゴマの種子)

11-1(出典:Wikipedia

毒はリシンと呼ばれるもので、人の致死量は種4つから8つほど。種を食べると、喉と口が焼けるように痛み、強烈な腹痛と下血を起こす。未治療では3~5日以内に死亡する。


12.皮ふに触れただけで炎症を引き起こすベラドンナ

12-0(出典:Wikipedia

ベラドンナの果実は、ブルーベリーのように黒い熟した実であり、甘くて美味しいとされるが、猛毒がある。実際に子どもがブルーベリーと見間違えて誤食し、死亡する事故も起きている。

葉っぱや果実、根にはアトロピンとスコポラミンという毒物を含んでおり、体中の筋肉をマヒさせて、最悪の場合死に至らしめる。また、たとえ触れるだけでも、皮ふのかぶれや潰瘍を起こすことがあるので注意が必要だ。


13.ミルク症を流行らせたマルバフジバカマ

5(出典:Wikipedia

マルバフジバカマによる中毒は、これを食べた家畜のミルクや肉を食べることで起きる。家畜がこの植物を食べると、肉や牛乳に有毒成分が混入し、それらを食べた人も有毒成分を摂取することになる。これらを摂取し続けると、人は中毒症状を起こすようになる。

毒はトリメトルというもので、人が摂取すると震え、吐き気、腸の重病にかかり、死ぬこともある。この中毒はミルク病と呼ばれ、19世紀頃アメリカで流行し、一度に数千人が命を落としたとされている。中毒で死亡した者の中には、エイブラハム・リンカーンの母であるナンシー・ハンクスもいた。


Kirala
真央ちゃんのウォーターサーバーです



14.子殺しのトクウツギ

14(出典:Wikipedia

上記で紹介したドクゼリ、トリカブトと並んで日本三大有毒植物のひとつである。沖縄を除く日本全国の山地や河川敷に自生している。

ピンク色の実をつけ、非常に美味そうであることから、子どもがこの実を誤食して死亡する事故が後を絶たなかったという話がいくつかの農村に残されている。

毒は実だけではなく、根や葉にも含まれている。その毒は即効性があり、食べるとすぐに痙攣や呼吸困難を起こし、多量摂取の場合は、死に至る。


15.トリカブトよりも死亡例が多いイヌサフラン

15-0(出典:mainichi)

日本においては、過去10年間で患者数16人、死亡数4人で、トリカブトよりも死亡者数が多い植物である。見た目が山菜のギョウジャニンニクと酷似しているため、よく誤食されている。

毒はコルヒチンと呼ばれるもので、皮膚感覚がマヒし、重症化すると呼吸困難に陥って死ぬ。これまで、2007年に50代の新潟県男性、2014年に70代の静岡県男性、2015年に山形県男性が、いづれもギョウジャニンニクと勘違いして食べ、死亡している。

(左がギョウジャニンニク、右がイヌサフラン

15-1(出典:mainichi)

ailoveiさんより
画像は追加しています


あなたの家に
スズランはありますか

生命保険のパンフレットは
数冊あります

スズランて綺麗ですね

さようなら…



本文とは関係ありません








髪萌


貯蓄・保険の無料相談<ガーデン>





55ハッピーライフ







あるギターの物語1


あるギターの物語1


countryside-1851309_640


1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:00:51.99 ID:y+NcPp2n
暇だからちょっと語らせてくれ
聞きたい人がいるかどうかは知らない。でもふっと思い出したから書く

書きだめはないのでごゆるりと待っててください




2: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:03:04.88 ID:y+NcPp2n
この時俺は中二で…痛いやつ真っ盛りだった。

ただモテたいがためにってのと…姉貴がいて姉貴がベースをしてたから俺はギターを始めた

ギター自体は姉貴のやつを使ってた。もちろん全く弾けない。全然弾けない




3: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:08:00.65 ID:y+NcPp2n
姉貴にも死ぬほど笑われたw

姉「ビートルズすら弾けないの?w」って感じで…悔しくて堪んなかった

姉貴はジャズばっか聞いてて正直メチャクチャ上手かった。

二人の共通項は洋楽好きってこと。ジャンルは全く違った。俺はこの時にわかで全然知らなかったけれど



5: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:12:41.52 ID:y+NcPp2n
どんだけやってもコードチェンジが上手くいかない。ビートルズとかニルヴァーナとかメチャメチャギター簡単な曲すら弾けなかった。

それで結構すぐやめちったwww

ギターはインテリアと化してた。俺は音楽だけ弾いてギターは弾かないって日々が続いた。

因みに母は死んでていなかったけど親父はよくしてくれた。有名なゲーム会社に勤めててお金もあった。だからCDなんかは全部買ってもらってた

6: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:19:12.82 ID:y+NcPp2n
そんでぐだぐだ過ごしてたら学校行事があった。その時だった。

うちのクラスのDQNがギターで弾き語りするっていう出し物をする事になったんだ。その時内心しまった!って思ったけど…

そいつ地味に上手かったんだよね。邦楽をしてた(確かtubeとか)んだけど歌も上手いしギターも弾ける。最悪だった。

俺のクラスはそいつを全面バックアップするってことに決まった。部活のやつは部活の出し物とかあったんだがいかんせん帰宅部だった…

俺はそいつのギター持ちになった




7: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:25:57.45 ID:y+NcPp2n
DQN「ぜってー落とすなよ?落としたら殺すかんな?」

俺「分かってるよ…落とさんっちゃ」

ずっとこんな感じだった。こんだけ言っても俺より安物のギターだったんだけどなw

ギター持ちの仕事はかなり楽だった。でもものすごく悔しかった。学校行事でそいつは拍手喝采だった。先生からも受けがよかった

これでもう1回始めることにしたんだw

10: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:30:23.10 ID:y+NcPp2n
インテリアと化してたギターを手にとって必死に練習…するはず無かった。それだけ意志が弱かったんだな、全然ダメ。

姉貴からはとうに見捨てられてた。俺はもうビーオタするだけの浮いた中学生になってた。

中二の終わり、俺は電車通学でいつものように電車に乗ろうとしてたんだが…いつもと違うんだな。

ストリートのミュージシャンがいた。俺はこんな田舎でなんになるんだ?金になるの?とか考えてた。よく見るとスーツはきてんだけど全体的にボロい。ハットも被ってるけどヨレヨレ。

こいつ…完全にホームレスじゃあねえか。

その時すぐ無視した。

11: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:34:21.20 ID:y+NcPp2n
学校が終わってその日は珍しく友達と遊ぶことになった。俺ほとんど友達とかいなかったしなw

結構テンション高めで帰ったの。その時気付いて無かったけど、1回家に帰ってもっかい駅に行くとまだストリートのやつはいた。

こいつ何時間いるんだよ!?朝の8時に見て今夕方だぞ?って思ったのを覚えてる。

そのホームレスは意外とお爺ちゃんでそれもあってかギターケースには結構小銭が入ってた。

年を売り物にしやがって…それが最初の感情だった。ギター売れよwとかも思った

12: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:38:03.37 ID:y+NcPp2n
チラッと見たとき目があった。うわっ最悪…

ジジイはにやっと笑ってイマジンを歌い出した。その時の俺がジョンレノンのシャツを着てたからだった。

俺「あれ?意外と上手くね?」

ジジイは声高々にイマジンを歌う。ギターは簡単なのは知ってたけど弾けなかったから羨ましかった。

気付いたらジジイの前に立ってた。ジジイはイマジンを歌い終わるとちょっとこっちを見て

「金」

とだけいった。

14: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:39:37.00 id:ZKv06bHc
じじいwww

13: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:39:15.95 id:k0OHj0bt
ワロタ

15: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:41:29.38 ID:y+NcPp2n
俺「金?あーっと…」

ここで渡すのはなんだかしゃくだった。友達との約束ごとも忘れてジジイにいった。

俺「ビートルズ弾ける?」

ジジイ「あんなに簡単なの弾けねえやつおらんが」

カチンと来た。ビートルズを貶された気持ちにもなったし尚且つ俺の嫉妬が吹き出した。

俺「へー。ブラックバード弾けたら金やるよ」

ジジイ「…口の聞き方気を付けろい」

それでもジジイは笑ってたが。

16: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:45:38.97 ID:y+NcPp2n
どうせ無理だと思った。いきなりのリクエスト。しかもブラックバードは意外と難しいというのをCD屋のマスターから聞いていた。

ジジイ「ブラックバードシンギン…」

めっちゃうめえ。ふざけんな。期待を返せ。あとものすごく発音がよかった。本家のポールより歌が上手い気がした。

チャカチャカずっと鳴らして演奏は3分ほどで終わった。

ジジイ「…で?」ニヤ

このにやけにまたもカチンと来た。

俺「じゃあ次はアクロス・ザ・ユニヴァースだ!」

ジジイ「へいへい…」

といってチューニングをし直した

18: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:46:58.97 id:ZKv06bHc
面白いwwww

19: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:48:51.16 id:k0OHj0bt
そのシジイは交差点で悪魔に魂を売ったのさ…w

ロバート・ジョンソン

ロバート・リロイ・ジョンソン(1911年5月8日 - 1938年8月16日)は、アメリカのミュージシャン。アフリカ系アメリカ人。伝説的なブルース歌手として知られ、同時代の多くのブルースのみならず、その後のロックなどに多大な影響を与えた。

アコースティック・ギター一本でブルースを弾き語りして、アメリカ大陸中を渡り歩いた。当時の聴衆はギターのテクニックが巧みなのに驚き、「十字路で悪魔に魂を売り渡して、その引き換えにテクニックを身につけた」という伝説が広まった。これがジョンソンにまつわる「クロスロード伝説」である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロバート・ジョンソン

589px-ClarksdaleMS_Crossroads
ミシシッピ州クラークスデールに位置する、国道61号線と国道49号線が交わる十字路。ここでジョンソンはブルースのテクニックのために悪魔に魂を売り渡したと言われている。

21: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:52:13.00 id:ZKv06bHc
>>19
赤い目の悪魔さんちーっす

27: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:03:16.33 id:k0OHj0bt
>>21
誰が赤いおめめのトナカイさんやねんw

ロックの定義は人それぞれ難しいな

20: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:49:07.08 ID:y+NcPp2n
ポンポン

その時チューナーを使ってなかった。俺は合わせるだけでもチューナー頼りだったのにw

俺「チューナー使わんの?」

ジジイ「…チューナーねえw」

弾けなかったら殺してやるとまで思った。マジで。

ジャラン…

完璧だった。完璧すぎてビートルズ聞いてるのすら恥ずかしいくらいの完璧。歌は上手いしギターに狂いはない。

ジジイ「…金」

流石にここで折れた。小銭入れから300円出してギターケースに入れた。

ジジイ「…お前中学生か?」

22: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:53:13.23 ID:y+NcPp2n
俺「なんで分かったんじゃ?」

ジジイ「…額がショボい」

このジジイ、殺す。ジジイは笑うのを止めなかった。

ジジイ「お前今ビートルズきいてんのか?」

俺「ビートルズニルヴァーナ。後はジョンのソロとか」

結構洋楽は聞いてると思い込んでた。でもジジイは鼻で笑って

ジジイ「…ロックってのを知ってねえなあ…」

ビートルズは大好きだったから腹立ったけどそれ以上にジジイに興味が湧いた。自然に怖いイメージは無かった

23: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 21:56:20.04 id:DlhNAQtv
んでんでんで

24: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:00:37.81 ID:y+NcPp2n
俺「じゃあどんなんがロックなんだよ!」

ちょっとキレてた。まー痛い中学生だったししょうがないな。

ジジイ「まあ、待てや。俺はもうロックは飽きたんや」

俺「じゃあ何しよるん?」

ジジイはにやけて「教えられまっしぇーん」と言った。今でも覚えてるけどあのときの殺意。

ジジイ「…これくらい集まりゃいいか」

ジジイはギターケースをチラッと見て言った。確かに3000円以上あった。

25: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:02:27.13 id:ZKv06bHc
中学生相手に大人気ないじっじやwwww
支援



26:名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:03:03.09 ID:6x8mukH8
おもしろい
支援

28: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:03:17.62 ID:y+NcPp2n
ジジイ「お前ギターすんのか?」

俺は痛いとこつかれたと思った。隠してもしょうがないと観念した。

俺「したいけど出来ない」

ジジイ「なんでや?」

俺「弾けんけえじゃ」

するとジジイはカッカッカッって笑ってすくっと立った。意外と背が高い。多分170以上はあった。

ポンポンと肩を叩かれ聞かれた。

ジジイ「弾けるようになりてえか?」

俺「…うん」

30: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:05:55.76 ID:y+NcPp2n
ジジイ「…ほんじゃ」

といってメモになんかかいた。それは空き地の場所だった。

ジジイ「明日土曜やろ?今のガキは土曜休みじゃろうからここ来いや」

俺「は?」

ジジイ「ギターは必ず持ってこいよ」

俺「何時や?」

ジジイ「…朝や」

友達から誘われなくなったのは言うまでも無かった。

31: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:10:11.08 ID:y+NcPp2n
次の日朝8時に起きて少しドキドキしながら仕度した。姉貴からはどうした?って聞かれたけど友達の約束ってことにして出て来た。

空き地には既にいた。というより…そこがジジイの家だった。間違いなくホームレスだった。その空き地には小さな小屋があって中には四畳半くらいのスペースが裏の山手にあった。

ジジイ「来たな?くそガキ?」

そういって頭をがしゃがしゃされる。

俺「やめえや!臭くなるじゃろ」

ジジイ「…お前元気やなあ…」

その時ジジイはジャージにシャツ1枚だった。

34: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:12:58.44 ID:y+NcPp2n
俺「しかし汚いな…」

ジジイは笑っているばかりだった。そのまま裏の小屋につれていかれた。

ジジイ「ここはスノウドニアっちゅうんや」

俺「スノウドニア?」

ジジイ「この小屋の名前や」

こいつ頭おかしいと思った。ほんとにこのジジイは大丈夫なんだろうか?殺されないだろうかというドキドキが出てきた。

ジジイ「…おい、ギター」

俺「へ?」

ジジイ「ギターだよ、練習すんだろ?」

37: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:15:39.21 ID:y+NcPp2n
そう言われて慌ててケースからギターを取り出す。ジジイのギターは野ざらしっぽかった。

ジジイ「へえ…ヤマハたあ良いもん持ってんじゃねえか」

俺「元は姉貴のじゃ」

ジジイははーん…といってまたにやけた。そこでやっと気付いた。

俺「ジジイのギター変なやつやな?」

ジジイ「お前ほんと生意気じゃな?」

38: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:17:09.95 ID:ZKv06bHc
みてるぞ

39: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:18:52.36 ID:y+NcPp2n
ジジイはそういってギターを取った。後に知ることになるがそれはドブロというアコギ(というよりリゾネーターギター)だった。

知りたい人は調べてほしい。俺はそのギターに興味津々だった。

ジジイ「これか?こいつは"よしの"じゃ」

俺「は?」

ジジイ「ギターの名前や」

なんでも名前つけるのか…ほんとに頭おかしいと思った。これまた後に分かるがジジイはなんでも名前をつけるクセがあったw

42: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:22:07.60 ID:y+NcPp2n
ジジイはドカッと座って俺を見た。

ジジイ「何が弾きたい?」

俺は色々迷ったが好きな曲を素直に言った。

俺「ヒア・カムズ・ザ・サン。これしたい」

俺はジョージハリスンファンだったのだ。ジョージのシャツなんて1枚も持ってなかったがw

ジジイ「…分かった」

この時少し目付きが変わった気がしたんだ。俺はジジイに続いて汚い座布団の上に座ってギターを担いだ。

43: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:26:39.96 ID:y+NcPp2n
ジジイ「まあまずは焦るなや。キーから教えんぞ」

いきなり教則本を完全に無視だった。全くキーなんて言葉知らなかった。

ジジイ「…あー。キーってのはな?コードのベースや。簡単に言うとな」

それから基本音というのを教えてもらった。ジジイはやっぱり面白い人間だったが教え方も凄い上手かった。

焦らんでええ、手が小さいのはしゃあおまへんとか慰めの言葉をかけてくれてた。

まだまだ中学生。手が小さい上に飽き性だ。キー押さえるだけでつまらなくなっていった。そこでジジイの話題をふった。

44: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:27:38.28 ID:gyD8gijJ
おれの音楽のスタートはThe EaglesHotel Californiaだったなあ。

184: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/22(火) 20:13:59.78 ID:dXC3WYt2
>>44
私もイーグルスのホテルカリフォルニアだった
弾けずじまいだったけどw

47: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:30:50.89 ID:y+NcPp2n
俺「なあ?ジジイってなんでホームレスなん?」

ジジイ「…うっさいわ。ホームレスでもええやろ」

俺「何歳?」

ジジイは少し考えて「68」とだけ言った。正直ジジイジジイと言ってたが見た目はもっと若かった。このジジイが60代なのも信じられなかった。

朝9時から約三時間。延々キーを単音で押さえるだけをしていた。正直つまらくなっていた。

俺「なー、こんなんで上手くなるん?」

ジジイはクスッと笑って俺の肩を叩いた

ジジイ「お前、名前と年は?」

48: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:33:54.28 ID:y+NcPp2n
俺はいきなりでなんでこんなことを聞くのか分からなかった。

俺「俺は俺。14じゃ」

ジジイ「俺はジジイ、68」

益々分からなかったけれどちょっと面白かったw

ジジイ「…54も違えばギターの歴も違うっちゅうことや」

そういってすくっと立っていきなり着替えだした。

俺「なんで着替えるん?」

ジジイ「…金」

また一言呟いただけだった。

49: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:37:03.65 ID:y+NcPp2n
俺もすぐ見たいと思った。ほんとはどんな音楽をするのか気になったからだ。

俺「着いていってええか?」

ジジイ「…変な目で見られるからやめえや」

俺「遠くで見とくわ」

ジジイ「…そうか」

そういって俺は自転車。ジジイは歩いていつもの駅まで向かった。俺のギターケースはハードソフトだったがジジイはハードだった。

俺「ケース重くないん?」

ジジイ「…まだ若いけえの」

50: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:37:12.02 ID:nSI5o0OD
面白い
支援

51: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:41:08.20 ID:y+NcPp2n
スーツ姿に違和感しかなかったがスーツ姿でジジイは駅の前に陣取った。

ジジイ「…今日は焼き鳥だな」

俺「は?」

ジジイは無視してギターを取り出してチューニングした。そして筒状の変なガラスを出して歌い出した。

その声はとても力強くて、カッコよくて、渋かった。ジジイらしかった。ピックも使わずギターをバンバン叩きながら歌うのに俺は鳥肌がたちだした。

俺「ジジイ!」

話しかけても歌を途中で止めることはなかった。何度しても曲の途中で止めなかった。

53: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:44:27.85 ID:y+NcPp2n
ジャラン…

ジジイ「なんや?うっさいのお…」

この曲の全てが知りたかった。訳の分からないことを歌っているはずなのにカッコいいだなんて今まで聞いたこと無かったからだ。

俺「なんや?今の曲?なんてタイトル?」

ジジイ「これか…これはなあデスレターっちゅうんや」

俺「デスレター?」

聞いたことも無かったし見たこともなかった。

俺「作者は?」

ジジイは既にまたチューニングしていた。それから少し音を替えてまたひきだした。今度は知ってる曲だった。

54: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:49:37.31 ID:y+NcPp2n
俺「…スタンド・バイ・ミー?」

ジジイは結構大きな、でも優しい声でスタンド・バイ・ミーを歌い上げた。

すると会社員一人が金を落としていった。(確か会社員。記憶曖昧w)

ジジイ「…っし、仕事や」

ジジイはそれからずっと歌ってた。俺は途中で飯を食べにスーパーに買い物行ったりしてたがジジイはびくとも動かなかった。

ちょこちょこお金が増えていく。曲は知らないものから知ってたものまで色々あったが全てが洋楽だった。

55: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:52:34.83 ID:y+NcPp2n
夕方になってもジジイは歌った。俺はそろそろ帰らないとまずいかなと思い出したときだった。

ジジイ「お前そろそろ帰れや」

まずい!顔にでたか?と内心焦った。でもそんな焦りとは真逆だった。

ジジイ「お前にやる焼き鳥はねえんじゃ」

そんなことかい。焦って損したわ。

俺「へー。帰りまーす」

すると後ろからジジイがボソッと呟いた。

ジジイ「…また明日来いや」

58: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 22:59:03.66 ID:ZKv06bHc
おもしろい

60: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2016/11/21(月) 23:03:58.75 ID:y+NcPp2n
その次の日にも行った。またいた。

ジジイ「よおーきよったのお」

また前日と同じような日になった。三時間キーを単音で押さえるだけ。その日はちょっとリズムがついたが。

それから駅に行ってまたご飯の品目を言って歌い出す。最初に夜何を食べるのかを決めて歌うのだという。1日2食しか食べないとしってなんで死なないんだこのジジイと思った。

それからこんな変なジジイとのギター練習が始まった。

学校がある日はダッシュで駅を出てチラッとジジイを見てうなずく。ジジイはにやっと笑ってまたギターを弾く。これが今日は行くの合図だ。

といってもほぼ毎日行っていたんだがwww

2につづく


















俺はアパホテルに泊まる


俺はアパに泊まる




これからの日本人に求められるのは対立する度胸を持つこと


日本の「アパホテル」の客室に南京大虐殺を否定する本が置かれているとして、中国で騒ぎになったのだが、アパホテルはこのような見解を堂々と出している。

「異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます」

この書籍『本当の日本の歴史 理論近現代史』は元谷 外志雄(もとや・としお)というアパグループの代表が書いたものであり、「あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの」であるという。



しかし、歴史プロパガンダを仕掛けている中国はこうした書籍があることを絶対に認めない。

この一企業の動きに、中国では外務省が「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない。正しい歴史観を国民に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」とわざわざ批判している。

今までの日本人であれば、すぐに腰砕けになって折れただろう。しかし、アパグループは折れるつもりはないようだ。やっと中国・韓国・北朝鮮の横暴に折れない日本人が立ち上がって来ていることを私たちは知る。


日本人よ、時代は変わって来ている。

まったく動じない日本人があちこちで生まれつつある


日本人は自分が批判され、叩かれ、誹謗中傷を浴び、集中攻撃されることに慣れていない。

今までの日本人は「友愛や、理解や、平和や、協調」を無意識に考え、誰とも争わず、ひたすら相手を立てることでやり過ごそうとしてきた。

裏工作も不得手で、相手に騙されても大騒ぎすることもないし、ただ忍の一文字で耐えてきた。

それで、どうなったのか。結局、「日本人は叩けば叩くほど折れる」「日本人は言いがかりを付ければ金を出す」と周辺国に思われるだけで終わった。



しかし、それは朝日新聞のような売国マスコミが日本人に押し付けてきた「日本人のあり方」であり、それによって日本を自滅させようとする意図があることが最近になって分かってきている。

自虐史観で日本人を押さえつけ、何をされても抵抗しない日本人を売国マスコミは作ろうとしていたのだ。

しかし、もう今さら朝日新聞のような自虐史観を押し付ける売国マスコミに踊らされるような日本人は減り、多くの日本人が覚醒し始めている。

歴史プロパガンダに対抗し、売国マスコミに反旗を翻し、叩かれても、誹謗中傷を浴びても、攻撃されても、陰湿に粘着されても、まったく動じない日本人があちこちで生まれつつあるのである。

アパグループ元谷外志雄氏もそんな日本人のひとりであることが分かった。

今後、アパグループは激しい誹謗中傷や攻撃に晒されることになるはずだが、アパグループは対立を受けて立つはずだ。

自分に批判・誹謗中傷・嫌がらせの集中攻撃が向いても、動じないで主張する。これが、「今の日本人」に求められている資質だ。アパグループは素晴らしい。他のホテルチェーンも、同じことをすべきだろう。


今まで日本人は、協調性を意識しすぎた

世界に目を転じると、宗教問題、歴史問題、領土問題、人種問題で、絶対に妥協できない対立が激しくぶつかり合っていて、血で血を洗うような事態が起きている。

これらのすべての問題は民族のアイデンティティに直結しているので、話し合いも成立しないし、譲り合いも成立しない。譲れば民族としての存続が不可能になるので、絶対に譲れないのである。

折しも情報化時代に入っているので、こうした衝突は言論の場にも持ち込まれるわけで、だからこそ歴史プロパガンダが猛威を振るうようになっている。

欧米とロシアのプロパガンダ合戦、欧米とイスラム国家のプロパガンダ合戦、グローバリストとナショナリストプロパガンダ合戦、アメリカ国内でのリベラルと保守のプロパガンダ合戦は日々、深刻なものになっている。

東アジアでも、中国・韓国・北朝鮮が日本に対して執拗かつ粘着的な捏造歴史プロパガンダ戦争を仕掛けており、日本人に対する誹謗中傷、批判、攻撃が恒常的に行われるようになっているのだ。



もう現代社会は「きれいごと」を言っているだけでは渡っていけない世の中になった。これから日本人も凄まじい言論対立に巻き込まれていく。

だからこそ、私たちは日本人としての主張を「押し通す」必要が生まれてきている。今までの理解・平和・協調から脱して、いよいよ闘争本能に目覚めなければならないのである。

歴史問題は、何も言わないと相手の都合の良い主張が世界の歴史になる。領土問題は妥協していると次々と土地を奪われていくことになる。

重要なところで妥協してしまうと、日本人の尊厳も領土もすべて奪われる。だから、民族の存続をかけて、きれいごとから去らなければならなくなっている。

今まで日本人は、協調性を意識しすぎた。

批判することを恐れ、主張することを恐れ、復讐することを恐れ、バッシングされることを恐れ、修復不可能になることを恐れてきた。


今求められているのは、まさに「対立できること」


だから、逆に日本人が今後、立ち上がるためには、この恐れをすべて捨てて、脱皮しなければならないということになる。以下の5つを決意するということだ。

(1)相手を激しく批判することを恐れない。
(2)主張を押し通すことを恐れない。
(3)相手に報復・復讐するのを恐れない。
(4)批判やバッシングを恐れない。
(5)修復不可能な敵対・対立を恐れない。

日本人は何事も徹底する癖がある。戦後から今までの日本は、あまりにも優しくなること、諸外国に配慮すること、対立を避けることに徹底しすぎた。

普通の民族は何事にもほどほどで止まるのだが、日本人は「平和優先」と決めたら徹底的なまでに平和優先になっていき、あまりにそれが行き過ぎた。

そして、良かれと思って徹底した「平和至上主義」で、今や日本の主権そのものが脅かされるところにまで到達した。

そういった状況はいよいよ終わりにして、日本人全員が意識を変えなければならない日が来ている。

日本人は誰かに批判されたり、罵られたりする状況に慣れておらず、そういった対立を非常に恐れているが、今求められているのは、まさに「対立できること」なのである。

対立できるというのは、相手を激しく批判するのも辞さず、徹底的に主張を押し通すことを恐れないということだ。批判やバッシングをエスカレートさせて、修復不可能な敵対関係となることも受け入れるのだ。

きれい事を捨てて現実主義になるというのは、そのような状況になっても一歩も引かないということだ。

今後も、歴史をめぐる対立は、これまで以上に激化していく。闘争モードに入らなければ国がなくなるのだから、日本人もどこかで転換する。

こうしたことに気付き、敢えて言論の誹謗中傷や攻撃や批判の中に飛び込んでいき、そこで戦う日本人がいよいよ登場してきている。

もう、友好やら配慮やら自虐やらは時代遅れだ。あなたは対立する度胸を持ち合わせているだろうか?



それにしても、アパグループは素晴らしい。今後は積極的にアパホテルを使っていこうと思う。中国人が来ないのであれば、なおさら静かに落ち着けることになるだろう。


アパグループの代表、元谷外志雄(もとや・としお)氏。今までの日本人であれば、すぐに腰砕けになって折れただろう。しかし、アパグループは折れるつもりはないようだ。やっと中国・韓国・北朝鮮の横暴に折れない日本人が立ち上がって来ていることを私たちは知る。



DUAさんより
画像は追加しています。



私は大阪ミナミで
アパホテルの新築をした事があります
最上階はワンフロワーの
会長専用室があり
成○丸出しの豪華さです

こんなに愛国者だとは
俺はアパホテルに泊まる
西成のタコ部屋にも泊まる
アパホテルをご利用下さい

お仕事、出張、
嫁、旦那の顔を見たくない等
アルヨが来ないアパホテル
快適です







すっぽんの恵み




俺は諦める


俺は諦める




多くの人が知らない
「諦める」の本当の意味
悩み、苦しみを減らす「仏教の智恵」


名取 芳彦
元結不動 密蔵院住職、作家


諦めるとは、本来ネガティブなことではありません

数多くのベストセラーで知られ、老若男女問わず読者の多い名取芳彦和尚。名取氏は、東京都江戸川区にある元結不動 密蔵院の住職であり、写仏・読経の会や法話を主宰する傍ら、聲明ライブ、講演なども精力的にこなし、地域に密着したユニークな和尚さんとして知られる。

近著『あきらめる練習』もある芳彦和尚に、怒り、妬み、悲しみ、こだわり、後悔などの感情に苛まれる現代人が心の重荷を軽くするために、積極的に「諦める」ことの意義を語ってもらった。
諦めるという言葉は、本来悪い意味ではない


日本語で”諦める”は放棄、断念、ギブアップなど、マイナスイメージで使われることが多いと思いますが、漢和辞典で「諦」を調べると悪い意味はひとつもありません。

〔つまびらかにする。いろいろ観察をまとめて、真相をはっきりさせる。まこと〕

さらに仏教語ではsatya(サティア)の訳語として、真実、真理、悟りを意味する素晴らしい言葉です。


諦の意味は日本語では「明らか・明らかにする」に近いのです。実際に日本語の「諦める」と「明らか」は言葉として同源。物事の真実の姿やありさまを明らかにすることで、やっと諦められるというニュアンスを、もともと含んでいました。

ところが、日本語ではいつの間にか「明らかにする」という大切な土台がゴッソリ抜け落ちて、望んでいることを途中でやめるという意味ばかりで使われるようになってしまいました。もったいないと思います。





仏教では「諦」と「明」の合体した「あきらめ」こそ、いつでも、どんなことが起こっても、心が苦しまず、おだやかでいられる境地(悟り)に至るために大切だとします。

私たちが「苦しい」「つらい」「嫌だ」「つまらない」など、マイナスの感情を抱くのは、ことごとく自分の都合通りにならない時です。こうした状況を仏教で「苦」と言います 。

では、どうすれば自分の都合を“諦め”られるのか。


手段と目的を考えてみる


先述のとおり、仏教では、自分の都合について“明らか”にする必要があると考えます(諦めたいというのも都合のひとつですが、哲学的迷路に入るのを避けるためにここでは触れません。興味がある方は仏教唯識〈ゆいしき)をひもといてみてください)。

たとえば、会社勤めをしていて、日々暮らすだけのお金はあるけど「もっとお金が欲しい 」という都合(欲)があって、常日ごろからイライラしているとします。

お金がないのでお金が欲しい、もっとお金が欲しいと日々考えていれば、誰だってなかなか心が落ち着かないでしょう。もし心穏やかに生きたいと望むなら、とことん自分の都合を明らかにしないとお金への過度な欲は諦められません。

具体的には、まず、自分はお金があったら何をしようとしているのだろうと考えるのです。家を買う、車を買う、旅行に行く、美味しいものを食べる……。これらはすべて自分が幸せになりたいという夢であり、都合であり、欲です。つまり、自分が幸せになるための手段としてお金が欲しいのです。

ここで明らかになるのは、“お金は手段であって目的ではない”ということ。これがわかれば、手段でしかない目先のお金の周囲を右往左往している自分の姿がありありと浮かびあがります。


古歌に“わけのぼる 麓の道は 異なれど 同じ高嶺の 月を見るかな”というものがあります。高嶺の月を見るための登山道はたくさんあるということです。幸せになるにも、きっとさまざまな道があるでしょう。


もちろん、生活をするのに必要なお金というのはもちろんあるでしょう。お金を全否定するわけではありません。でも、それが自分の幸せとどう関係があるのかを考えてみれば、少しは心に平穏が訪れるのではないでしょうか。

手段が目的になっていないかチェックする

目先のことばかりに目が向いてしまい、手段が目的になってしまうことはよくあります。





小学校のPTAをやっていた時、学校の周年行事用の資金調達のためにバザーをやりました。模擬店を出店してもらう地元の町会や子供会とどう交渉するのか、雨で校庭が使えない時のオペレーションはどうするか、テント設営はどうするのかなど、ボランティアの素人集団が行う一大イベントですから、てんやわんやの大騒ぎです。その時、PTA会長が言いました。


「バザーをやることが目的なのではありません。バザーはあくまで手段です。目的は周年行事の資金調達、子どもの健全育成、地域との協力、PTAの親睦であることを忘れないでください」

バザーの真相を明らかにしてくれた言葉でした。本来の目的を踏まえて行えば、バザーはそのまま、目的に向かうまっすぐな道になります。


「明らか」にして「諦める」


小学校からやってきたテストも、目先の良い点数を取るのが目的ではありません。テストの目的は「わからない所をはっきりさせる」ことです。80点取ることが目的ではなく、間違った20点について勉強し直すことが目的なのです。ここをはき違えると、誰かさんのように良い点数を取った時だけ親に見せるずるい子どもができあがるという寸法です。


状況を明らかにする勇気


人間関係が面倒だと思う人も多いでしょう。そんな人は、自分がどんな人間関係を望んでいるのかをまず明らかにしてみましょう。

たとえばもっとさっぱりした人間関係を望んでいるが、それができないとします。その場合、なぜつらいのかを分析し、明らかにします。



本音と建前が違う人が周囲に多くいる、他人に依存したい人が多くべたべたした関係になってしまうなど、いくつか思いあたる原因があるでしょう。


そこから、ではなぜそうなるのかを考えてみるのです。「人は思っていることをそのまま言えば大変なことになるから、思っていることと言うことが違うのは仕方がない」「弱ければ他人に頼ろうとするのは当たり前だ」などと明らかになるでしょう。そうすれば、人間関係が面倒なのは仕方がない、人間関係がごちゃごちゃするのは当たり前だと、少しは諦められるのではないでしょうか。

そこにどーんと腰掛けて、人間関係を楽しめるようになります。これが「明らか」にして「諦める」ということです。

“損得”という言葉を日常の中で使ってしまう人も、苦が多くなるでしょう。なぜなら、損得で動く人は、得をするためには人も裏切ることがあります。そんな人を信用する人がいないのは当たり前です。損得は経済の用語であって、人生に当てはめても仕方がないのです。

このように、物事が明らかになった時のキーワードが「仕方がない」や「当たり前」という言葉だと思うのです。私は「あきらめる」ための魔法の言葉だと思っています。

中途半端な諦めではなく、物事の真相を明らかにした上で諦めたことは、堅固な屋台骨として人生を支え、心おだやかなに人生を歩く上で堅牢な杖になります。


同じ諦めるなら、ただ諦めるのではなく、状況を明らかにする勇気を持ちたいものです。



名取 芳彦氏講演より
画像は追加しています。







 










見えない悪魔


見えない悪魔




放射能に汚染される首都圏で暮らして、人々が騒がない理由


東京はまったく福島の原発事故の影響がないと言われているが、これは完全なるデマだ。

日本政府は全国の環境放射能水準調査を発表しているが、東京は全国で3番目に放射能が高い地域となっている。(環境放射能水準調査結果(月間降下物))



放射性セシウムは、これを見ると東京で6.6メガベクレルも検出されているのが見て取れる。

日本政府は往々にして調査結果を低めに測定するが、それでも東京が汚染されているのは隠せない。放射能は流行と違って、人が存在を忘れたからと言って無力になるわけではない。


知らないうちに首都圏の人間はどんどん内部被曝していくことになるのだ。そもそも、首都圏の人間は2011年3月の中旬から後半にかけて、3600ベクレルもの内部被曝をしたのだ。

よく分からないのであれば、このように言えば分かるだろうか。東京は、チェルノブイリの数百倍、数千倍もの放射能がそのときに舞っていた。このとき、東京を脱出していた人は正しいことをしていたのである。


放射能のせいであることは徹底して無視される


日本では、2011年3月に福島第一原発が爆発してからというもの、行政もメディアも、まったくアテにならないことが明るみになった。

政府も当てにならない。民主党は史上最悪の政権だったが、この政権が倒れて自民党政権に戻っても、原発の扱いについてはいまだ現状は変わっていない。

小泉元首相のように、脱原発に動き出す政治家も見られるようになったが、安倍首相はそうではない。



もう日本では原発が存在できないことは状況的に見れば明らかなのだが、それが普通の人に理解できるようになるのは、実際に内部被曝を起因とする夥しい病人や死者が顕在化してからだ。

それはまず、統計として現れる。

2011年以降から癌による死者が20万人30万人の単位で増え始めたのが隠せなくなってから、やっと日本政府は内部被曝が深刻であることを認めることになる。


それまでは、情報封鎖・隠蔽・矮小・安全デマを繰り広げて、あなたの体調不良や健康被害放射能のせいであることは徹底して無視されるのは言うまでもない。

つまり、私たちが楽観的になって暮らしていたら、内部被曝させられるがままになるということだ。



危機感を感じて、状況を注視しておかなければならない。

特に子供を持つ母親は、用心に用心を重ねて情報を収集していないと、子供が悲劇に遭う。母親に危機感がなければ、子供が不幸になる。


基本的に、日本の組織は誰も責任を取らない


2012年12月25日、茨城県取手市の小中学校の心臓検診で、「要精密検査」と診断された児童が急増しているケースが東京新聞によって報道された。

「QT延長症候群」の疑いがあるというものだったが、この「QT延長症候群」とは、突然死を招くものである。

子供の突然死を引き起こすような「危険な診断結果」が原発爆発後に増えているのだが、それがなぜかほとんど問題視されていない。

この記事はすでに消されているので、「73人が要精密検査、取手市内24校心臓検診」と検索してみてほしい。いくつかのサイトで記事が読めるはずだ。

日本の水面下で起きている危険な出来事を、日本人はまるで他人事のように「知らないふり」で乗り切ろうとしている。

放射性物質は体内に蓄積する。セシウムは筋肉に蓄積し、ストロンチウムは骨に蓄積するのだ。

だから、これから白血病も、甲状腺障害も、心臓障害も、ありとあらゆる病気が激増していくことになり、やがてはそれが統計となって私たちの目に触れることになる。

しかし、当事者として重要なのは統計ではない。私たち自身の健康であり、家族の健康であり、子供たちの健康である。

親はもう公的機関もマスコミも信用できないことは、肝に命じておくべきだ。

なにしろ、日本の組織は誰も責任を取らないのだ。福島第一原発が爆発してから、どうなったのか調べてみればいい。

プルトニウムは飲んでも大丈夫」の東大教授も、「ただちに影響がない」の政治家も、「飛び散った放射能東電の所有物ではない」の東京電力も、誰ひとりとして刑務所に行っていない。

数千万人に巨大な影響を与えた大惨事だというのに、当事者は誰ひとり罪にならない。あまりにも信じがたいが、これは事実である。

私たちは今、誰も責任を取らない国で暮らしている。


負債は企業にも個人にも致命傷になり得る


だから、私たちは、常に危機感を常に持っていなければ大変なことになる。首都圏は現在、日本で3番目に放射能汚染のひどい場所であることを自覚しなければならない。

このままでは、自分が犠牲になるか、自分の家族が犠牲になるか、子供たちが犠牲になる。何しろ、今でも放射能は静かに堆積しているのだ。



東日本や首都圏は、今後は放射性物質の累積で人間が住めない地域になる可能性もあると考えた方がいい。長期的に見ると「棄てられる地」なのだ。

それなのに、なぜ騒ぎにならないのか。



それは、誰もが東日本に「関わり」を持っているからだ。

人々はそこで暮らし、生活し、仕事をして、不動産を持っている。放射能汚染で騒げば、不動産の資産価値が下がるのは分かりきっている。

この世の中で、誰が進んで損することをするだろうか。



放射能は中国の大気汚染とは違い、目に見えず、臭いもしない。だから、騒がなければ資産価値は守られる。

必死の思いで不動産ローンを返し終わったら放射能汚染地帯になっていて人が暮らせなくなっていたとなると、何のための人生だったのかということになる。

放射能に汚染されていく土地で暮らして人々が騒がない理由は、まさにここにある。

巻き込まれている人は誰もが絶対に放射能の問題など認めない。資産価値を守るためには、「放射能は人体に良い」とさえ言い出すだろう。それが人間なのだ。

逆に言えば、自分の身を守り、家族の身を守るためには、何が隠されようとしているのかを把握し、自分がしっかりと防衛に努めるしかないのだ。

子供たちを内部被曝から守ろうとする母親は、孤独な戦いを強いられることになる。




何千万人がここで暮らし、不動産を持っている。騒げば資産価値が減る。
誰が騒いで資産価値を下げるというのだろう。
首都圏の人間は絶対に放射能汚染を表沙汰にしたくないと考える。