ポンタの想い出

俺に明日はあるのか?

吉川友梨ちゃん行方不明事件


吉川友梨ちゃん行方不明事件




【事件概要】


 2003年5月20日大阪府熊取町で町立北小学校4年生の吉川友梨ちゃんが下校途中、行方不明となった。



【消えた少女】

 2003年5月20日大阪府熊取町で町立北小学校4年生の吉川友梨ちゃんが下校途中、行方不明となった。最初に気がついたのは兄だった。午後5時になっても妹が帰ってこない。いつもなら当然帰宅しているはずの時刻だった。一家でこころあたりを捜したが見つからず、午後7時半頃に警察に通報した。警察は誘拐を想定して、自宅に張りついた。しかし一晩待っても電話はかかってこなかった。そのうえ、手がかりになりそうな情報も入ってこない。このため翌日、公開捜査を始める。


【事件当日の友梨ちゃんの目撃証言】


友梨ちゃんは失踪当日、4年生の社会科見学で大阪市此花区の下水道科学館を訪れていた。学校に戻って解散したのが午後2時30分。そして友達3人と七山の前の信号で別れたのが、同57分。その2分後に自転車に乗った顔見知りの少年が友梨ちゃんとすれ違っている。自宅から400mの地点のことだ。だが、その後友梨ちゃんの姿はぷつりととぎれた。悲鳴を聞いたというような証言さえない。友梨ちゃんはいつも通っていたその先の食料品店「大阪屋」の前を通りすぎることはなかった。



最初は事故という線も考えられた。しかし、周辺で交通事故が起こった形跡もなく、水路、溜池、林などを捜索したものの発見されなかった。こう見るとどう考えても車で連れ去られたという状況である。「大阪屋」の前を通らなかったことも、友梨ちゃんは自宅近くでは学校が指定した普段の通学路から外れ、車の通り抜けられない小道を通って帰宅する日もあったらしいということが後で分かっている。

誘拐であっても、最初から友梨ちゃんを狙って待ち伏せしていたとは考えにくい。この日は社会科見学の日で、通常より30分ほど早く家路に着いていたのと、普段は上級生と家の手前まで一緒に帰っていたからである。
 


事件に関連のありそうな目撃証言がないわけでもない。警察は、失踪当時、友梨ちゃんがいた道を走っていた不審車両の洗い出しを重点的に行っている。絞り込まれた車は5台。今も所有者がはっきりしない黒い乗用車、赤い乗用車、白いワゴン車、白い乗用車、白いライトバンである。特に午後3時前に友梨ちゃんの自宅方向へ猛スピードで走っていった車を追いかけている。捜査関係者によれば、「黒いセダン」。しかし、それに続くような証言がない。




【未解決事件】
大阪府泉南郡熊取町
吉川友梨ちゃん行方不明事件



2003年(平成15年)5月20日(火曜日)、大阪府熊取町で町立北小学校4年生の吉川友梨(よしかわゆり)ちゃん(当時9歳)が下校途中、行方不明となった。いつもなら当然帰宅しているはずの午後5時になっても妹が帰ってこない。一家で付近を捜したものの見つからず、午後7時半頃に警察に通報した。警察は誘拐を想定し、吉川さん宅で待機したが一晩待っても電話はかかってこなかった。このため翌日、公開捜査を始める。 



友梨ちゃんは失踪当日、社会科見学で大阪市此花区の科学館を訪れていた。学校に戻って解散したのが午後2時30分。そして友達3人と七山の前の信号で別れたのが、同57分。その2分後に自転車に乗った顔見知りの少年が友梨ちゃんとすれ違っている。自宅から400mの地点のことだ。

その後、自宅から200mほどのところにあるたばこ店で、塗装作業をしていた男性が、友梨ちゃんがひとりで歩いている姿を見かけている。この目撃証言を最後に、友梨ちゃんは姿を消した。 友梨ちゃんは黄色いリュックサックを背負い、歌を口ずさんでいたという。



だが、その後友梨ちゃんの姿はぷつりととぎれた。悲鳴を聞いたというような証言もなかった。 最初は事故という線も考えられたが、周辺で交通事故が起こった形跡もなく、水路、溜池、林などを捜索したものの発見されなかったため、車で連れ去られた可能性が考えられた。行方不明になった道の両脇には公民館や農作業の共同作業所、児童公園などがあり、商店に近い約70mは死角になっていた。

友梨ちゃんが姿を消した現場付近では、数ヶ月前に少女が狙われる事件が起きていた。友梨ちゃんと同じ町の小学校に通う当時6年生の女児が、下校途中、不審な車に連れ込まれそうになったのだ。調べによると、女児は車に乗った男から「乗らないか?」と声を掛けられ、車内に連れ込まれそうになった。だが、慌てて事なきを得たという。  

警察は、失踪当時、友梨ちゃんがいた道を走っていた不審車両の洗い出しを重点的に行っている。絞り込まれた車は5台。今も所有者がはっきりしない黒い乗用車、赤い乗用車、白いワゴン車、白い乗用車、白いライトバンである。
特に午後3時前に友梨ちゃんの自宅方向へ猛スピードで走っていった車を追いかけているというが、今のところ検挙されていない。

また、2008年12月には友梨ちゃんの救出話をでっちあげ、家族から7000万円をだまし取ろうとした男女が逮捕される詐欺事件が発生している。

警察庁は2010年7月2日から、公的懸賞金制度の対象期間をさらに1年間延長することに決めた。2007年7月に当事件が制度の対象に指定された。期間は原則1年だが、社会的影響の大きい事件のため延長を重ねており、今回で警察庁の懸賞制度では過去最多の3度目の延長となる。懸賞金は最高300万円で、事件の解決に結びつく有力な情報を提供した人に支払われる。

大阪府警によると、事件に関する情報提供はこれまで約3000件の情報が寄せられてきたが、2008年で224件、2009年で206件とここ数年は減少している。



「事件を風化させてはいけない」。大阪府熊取町で平成15年5月、当時小学4年生の吉川友梨さん(20)が行方不明になった事件。発生から11年半が経過した今年、大阪府警は延べ約800人態勢で1週間、集中的で大がかりな捜索を行った。未解決事件としては珍しく、新たな情報がもたらされたためだった。犯人に直結する見込みは必ずしも高くなかった。だが、警察の〝姿勢〟を見せることで、さらなる情報の掘り起こしができるかもしれない-。捜索には、そんな刑事の執念も込められていた。


不審車両900台に絞り込み


新たな情報は昨年5月に寄せられた。

《友梨さんの行方が分からなくなった15年5月20日午後3時ごろ、熊取町の現場付近の路上に、不審な白色の乗用車が止まっていた》

そのような内容だった。

府警によると、友梨さんに関する情報は、毎年、数十件は寄せられている。そのたびに捜査員が確認作業に入るが、信憑(しんぴょう)性の乏しいものがほとんど。その中で、今回の情報は「具体性があり、調べるに値するものだった」(府警幹部)。

昨年は友梨さんの行方不明から丸10年で、節目を伝える報道が相次いでおり、それを目にしたことが情報提供のきっかけになったとみられている。

府警はこの情報について慎重な検討を重ねた結果、一定程度の態勢を取って取り組む価値のある情報と判断。誘拐事件などを捜査する捜査1課を中心に、府内ほとんどの署から応援を加え、延べ約800人の態勢を構築した。

その後、車種や年式、型式などから対象を約900台に絞り込み。これらの所有者に対し、今年11月中旬の1週間、集中的に聞き込み捜査を実施した。

「当時は何をしていましたか?」

「友梨さんを見てはいませんか?」

今のところ、事件が急展開するような情報は得られなかった。だが、府警はそうした結果も織り込み済みだった。

「もちろん、今回の情報一つで事件が大きく動くと考えるのは現実的ではない。だが、一定の態勢を組んで捜索をすることで、事件の記憶が喚起されるかもしれない。何かにつながる可能性があるのなら、やってみる価値はあるのではないか」

ある刑事の言葉には、未解決事件の難しさと、それに挑む執念が込められていた。


「空白の数分間」


事件は、およそ数分間の出来事だったとみられている。

捜査本部によると、行方不明になった5月20日は遠足で、友梨さんはいつもより早めの午後2時40分ごろ、友達と一緒に熊取町立北小学校から下校を始めた。いつもと同じ帰宅ルートだった。

同57分ごろ、自宅まで約500メートルという熊取町七山交差点で、友達と別れた。同59分すぎ、同級生の男児とすれ違う。2人は「バイバイ」と言葉を交わしたというが、これが最後の目撃となった。

自宅まで約400メートル。数分あれば帰宅できたとみられ、この「空白の数分間」を解明することが、捜査の焦点だったが、空白を埋めるまでに至っていない。

府警は、友梨さんが何者かに車で連れ去られた可能性が高いとみて捜査。周辺の聞き込みなどで、周辺をうろつくなどしていた不審車を4台にまで絞り込んだが、所有者は特定できていないという。

これまで延べ約6万人の捜査員を投入。11年半が経過した今でも、府警泉佐野署捜査本部には10人程度の専従捜査員を置いている。絶やさずに続けることも、重要だ。


「ユリちゃんの日」


友梨さんは今春、20歳となった。成人式を迎え、熊取町で1月に開かれた式典では、「友梨さんはきっと帰ってくる」との思いを込め、参加した新成人約360人が「窓の外には」という曲を合唱した。

「事件に巻き込まれた友梨さんも新成人の1人。全員で歌って応援したい」

同町は前年、成人式で行う企画を公募していたが、その中でこんな提案が寄せられたのがきっかけだった。曲は、行方不明になった後、友梨さんを勇気づけようと同じ町立北小学校などの音楽の授業で歌われていたものだった。

20歳となったことで、もう一つ出来事があった。府警が、現在の友梨さんを推定した似顔絵を作成したのだ。

昭和53年から1200枚以上の似顔絵を描き続けているというベテラン、府警鑑識課の柴田武彦課長補佐が担当。友梨さん本人の写真を中心に、両親の20歳ごろの写真も参考に、成長した際の変化を想像しながら約1カ月かけて完成させた。友梨さんの特徴である、奥二重のまぶた、鼻の右側と右の首筋にあるほくろも反映させた。

ちょうどこのころ、現場近くの住民から「子供のころの写真では現在の友梨さんが想像できない」という声も聞かれるようになっていたという。

これ以外にも、地元NPO法人は毎年、友梨さんの誕生日と、行方不明になった日、そこから半年にあたる日を「ユリちゃんの日」とし、情報提供を求めるビラ配りを続けている。



友人が、警察が、地域住民が知恵を絞り、地道な活動を続けている。友梨さんが無事に帰宅する日まで、事件が風化することはないだろう。




吉川友梨ちゃんに関する、
情報をお持ちのかたは、
大阪府泉佐野警察署捜査本部まで、
ご連絡をお願い致します。



未解決事件ファイル
吉川友梨ちゃん行方不明事件
産経ニュースより
画像は追加しています。
 


大阪で、 吉川友梨ちゃんを、
知らない人はいないだろう。
それくらい街を歩けば、
友梨ちゃんのチラシが、
少なくなったとはいえ、目に止まる。
もう13年になる。
みんな心のどこかに、
何とも言えない、想いがあるのだろう。
ご家族、親戚の方にとっては、
全てを破綻させる苦しみだろうと、
察して余りある。
丁度バブルが崩壊した頃で、
不景気風に吹かれていた頃だ。
あの頃の私は、
これ以上景気は悪くならないだろう、
そう思っていた。
予想は大きく外れ、
日本はとんでもない国へと変貌した。
もう日本人に、
他人に気を掛ける余裕など無い。
自分が生きるだけでも、
難しい国になった。
家族、親戚、近所、友達、
全ての関係が希薄になり、
誰も他人に目を向けない。
隣の家族の子供の名前も、
ろくに解らない。
そんな国で、誰が結婚して子供を育て、
誰が子供を守るのか?
あなたも私も日々の生活に追われ、
考える余裕がありますか?
この日本という国で、
子供たち、若者たちは、
何を目指して、生きていくのか?
苦しくも、 吉川友梨ちゃんと、
私の長男は同い年です。
ブラック企業の社員になり、
西中島の上品な、酔客と格闘している。
たとえ、己が苦しくとも、
少しでもましな未来を子供たちへ
残したい。
諦めたら、俺たちの負けだ。







実務者試験